ウクレレが弾けるようになるまでの流れを紹介 - ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGE ⇒ 「ウクレレが弾けるようになるまでの流れを紹介」


初心者でもすぐにウクレレが弾ける。
そんなウクレレの通信講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅でウクレレが弾けるようになる。

そのレッスンの中身とは?
詳しくは以下をご覧ください。

短期間でウクレレが弾けるようになる その流れを紹介



当サイトでご紹介させていただいている 「初心者向けのウクレレ講座」ですが、 講座ページにもあるキャッチフレーズ通り、初心者でも短期間で楽にウクレレが弾けるようになります。

嘘みたいな話に聞こえますよね?

ですが本当です。
きちんとレッスンをこなせば、短期間でウクレレが弾けるようになります。



ちなみに「短期間」とはどのくらいの期間をさすのか?

人によって見解が分かれるところですが、
仮に楽器初心者が市販の教本を利用して「独学」でウクレレをはじめた場合。

練習の仕方やその方の器用さ、練習時間にもよりますが、 簡単な曲がある程度まともに弾けるまでには、3か月~半年くらいはかかるでしょう。

やり方が悪いと、
半年を過ぎてもまともに弾けない人もいると思います。



対して、ご紹介している「初心者向けのウクレレ講座」を使って定期的にレッスンをこなした場合。

こちらも弾けるようになるまでの期間には
個人差があるものの、早い人だと1か月もあれば簡単な曲が弾けるようになります。

楽譜がわからないレベルの初心者でもです。

しかも、独学のような面倒や大変さは一切なし。
ウクレレを弾くことを楽しみながら、いつのまにかうまく弾けるようになっているという具合です。

どうせ練習するなら、楽な方が良いですよね。



もちろん中には、一体どんな練習の仕方でウクレレを上達させていくのか?本当なのかな? と不審に思われている方もいるはず。

簡単に弾けるようになるなんて、
そんな甘い話があるのだろうか?と思うわけです。

というわけで簡単にではありますが、 今回は「初心者向けのウクレレ講座」でウクレレが弾けるようになる、 そのレッスンの流れをご紹介します。

「初心者向けのウクレレ講座」のレッスンの流れ

プロのウクレレ講師が教えてくれる「初心者向けのウクレレ講座」では、 大きくわけて第1弾から第3弾まで、全21ものレッスンが提供されています。

以下、内容を簡単にご紹介します。

第1弾はウクレレの基礎と簡単な練習がメイン

第1弾のレッスンでは主に、ウクレレの各部名称やメンテナンスの仕方など、 ウクレレの基礎的な知識を学ぶとともに、簡単なメロディーを弾く練習もします。

DVD映像を活用したレッスンですので、
教室で講師に教えていただいているような感覚で学べるところがポイント。

普通なら教えないような、初歩的な知識についてもわかりやすく解説してくれるため、 音楽初心者でも大丈夫です。
・ウクレレってどんな楽器?
・ウクレレのきれいな構え方
・チューニングの手順
ウクレレを弾くには欠かせない、チューニングの仕方もわかりやすく教えてもらえるため、 ウクレレのことが何もわからないという人でも心配はいりません。 先生がやる通りに、やってみましょう。




前半のウクレレの基礎知識についてのレッスンを終えたら、次はようやくウクレレの練習に入ります。
・実際にウクレレを弾いてみよう
・指1本で歓びの歌にチャレンジ!
・指2本で歓びの歌にチャレンジ!
・歌いながらの左手切り替えに慣れる
・ゆったり心地よいハワイアンの曲にチャレンジ
驚くことにこのウクレレ講座では、
楽譜が読めない初心者でもいきなりウクレレを弾く練習からはじまります。

どうやって弾くの?って思われる方もおられるかもしれませんが、 主には「先生のお手本」と「見るだけで弾き方がわかる特殊な楽譜」を活用することで、 ウクレレを弾いていきます。

ウクレレ教室での練習のように、
先生の真似をして弾く…と考えるとわかりやすいかもしれません。

最初は簡単なフレーズばかりなので、ついていけない心配はありません。



楽譜が読めなくても弾けるようにしてあるその理由ですが、 楽譜をみながらのウクレレ練習は、初心者にとっては大きな障害となりえます。

楽譜を読むこと自体が、
初心者には大きなハードルだからです。

楽譜を読むわずらわしさや大変さが上達を妨げたり、
最悪の場合は挫折の原因になることもあるのですよね。



その点、ご紹介しているウクレレ講座では、 「楽譜を読む」という作業を省くことでウクレレの練習を効率的に行えるようにしているため、 最短でウクレレを弾けるようになるばかりか、練習がイヤになりません。

非常によく考えられた練習方法だといえます。

第2弾ではコード練習やより難易度の高い曲をレッスン

第1弾では、ウクレレの基礎知識をはじめ、
いくつかの簡単な曲の練習を行いました。

第2弾では、ウクレレならではの奏法の一つであるコードを使った弾き方の練習や、 より難易度の高い曲にもチャレンジしていきます。

第1弾よりもちょっと難しいですが、
曲をたくさん練習しますので楽しめるはずです。



もちろん第2弾のレッスンでも、
第1弾と同じように「難しい音符の知識」は一切不要です。

先生の掛け声や弾き方のお手本をはじめ、見るだけで弾き方がわかる楽譜にあわせて弾けば、 簡単にリズミカルな演奏が弾けるようになります。
・ポップなリズムをカッコよく弾いてみよう
・ルージュの伝言にチャレンジ!
・弾ける曲が一気に広がるコードを練習
・翼をくださいにチャレンジ!
・左手の切り替えを上手にするには?
・贈る言葉にチャレンジ!
第2弾のレッスンの要は、ウクレレでは避けられないコードの練習と、 コードの切り替えテクニックを学べるという点です。

曲に合わせて伴奏を行うには、
コード自体を覚えることや、コード切り替えの練習が欠かせません。

押さえる弦が増えるため、初心者にはちょっと難しいテクニックなのですが、 先生が映像内で詳しく解説してくれていますので、初心者でもコツをつかめるはずです。

プロならではの効率の良い弾き方のコツを学べるというところが、魅力です。

第3弾では楽譜の読み方やウクレレ・ソロも学べる

第1弾、第2弾と、楽譜なしで曲を練習してきましたが、
楽譜が読めないと、市販の教本に載っている曲を練習することができません。

そこで第3弾では、ウクレレで「ドレミファソラシド」を弾く方法や、 楽譜の読み方を学びます。



楽譜を学ぶ…ときいて、
身構えてしまう方もおられるかもしれません。

ですが心配はいりません。

ここまで第1弾、2弾とウクレレを練習してきて、
それなりにウクレレも上達していることと思います。

そんな今の状態であれば、楽譜の知識も簡単に身に付けられるはず。



初心者の頃には大変に思えた楽譜も、
ある程度楽器が弾けるようになると、不思議と簡単に頭に入るようになるんですよね。

これまでのレッスンをきちんとこなしてきたのなら、難なく覚えられるはずです。
・ウクレレでドレミを弾いてみよう
・メロディーもウクレレで弾くための楽譜って?
・歌も伴奏もウクレレだけで弾いてみよう(ソロの練習)
・初心者でもこなれて見える弾き方にチャレンジ
・ソロで大きな古時計にチャレンジ!
・コードの練習をしよう
・うっとりとあの名曲を弾いてみよう
この第3弾のレッスンでは、
ウクレレのテクニックとしてはやや難易度の高い「ウクレレ・ソロ」の練習もします。

ソロが弾きたくて、ウクレレをはじめる人もいるくらいですから、 これがレッスンで練習できるのは嬉しい人もおられるはず。

始めたばかりの頃とは比較にならないくらい難易度は上がっていますが、 ここまでステップアップしてきた人なら問題なくクリアできることでしょう。

レッスンを終えるころにはかなりの腕前に

初心者向けのウクレレ講座で提供されている第1弾、第2弾、 第3弾の全21のレッスンを終えるころには、かなりの腕前に上達しているはず。

人前で弾いても恥ずかしくないレベルです。



ちなみに初心者がこの講座に挑戦したとして、
いったいどのくらいの期間で全レッスンを終えることができるのか?

これはレッスンに取り組む頻度や、個人の能力などによるため、 一概にどの程度とはいいきれないのですが、仮に楽器初心者が毎日練習した場合。

毎日練習したとして、早ければ1か月、多少時間がかかったとしても2か月程度で終えることができます。

のんびりやったとしたらそれ以上にかかる可能性もありますが、 独学でやるのとは比較にならないくらいのスピードで、ウクレレを上達させることができます。

何よりとても楽に上達させられるので、
気持ちの面で負担がないはずです。



なぜこれほど短期間でウクレレが弾けるようになるのか?

その理由ですが、本当に必要なウクレレの練習を、 初心者にとってはこれ以上にないくらい効率的な方法で学べるようプロが考案しているため、 これほど短期での上達が可能になっています。

大げさではなく、最短でウクレレを上達させるための練習方法です。

短期間でウクレレを上達させたい人に

独学で苦労しながら時間をかけてウクレレを上達させようが、 効率的な練習によって短期間でウクレレを上達させようが、どちらも変わりません。

変わらないのなら、短期間で楽に上達させられた方が良いと思いませんか?



ご紹介している初心者向けのウクレレ講座であれば、 忙しくて教室に通う時間がない方でも、細切れの時間しか取れない方でも問題なく取り組めます。

あっというまにウクレレが弾けるようになるから、
途中で挫折してしまうリスクもほとんどありません。

短期間でウクレレが弾けるようになりたいというのなら、
間違いなくおすすめできるウクレレ講座だといえるでしょう。

より詳しい情報については、講座のページにてより細かく解説されていますので、 興味をお持ちの方はぜひご確認ください。



なお、ご紹介しているウクレレ講座では、
講座の教材に加えて、ウクレレやメンテナンスの道具がすべてついた全部付きの講座もあります。

楽器や必要な道具がすべてついているため、
それらを別途購入する手間がありません。

まだウクレレをお持ちでない方は、楽器付きの講座をチェックしてみてください。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE