ウクレレの音がうるさい…という問題 良い対策はない? - 弾こう!ウクレレ

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ講座の特集やノウハウを掲載。

TOP PAGEウクレレ初心者の悩み ⇒ 「ウクレレの音がうるさい…という問題 良い対策はない?」



初心者でも簡単に、すぐにウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレの音がうるさい…という問題 良い対策はない?

ウクレレの音がうるさいのではないか…と悩んでいる。
そんなウクレレ初心者、
少なくないと思います。

現在住んでいる住居の壁が薄く、ウクレレの音が近所迷惑になるのではないかと心配されている方や、 あるいは実際に、家族や隣近所に住んでいる人に「ウクレレの音がうるさい」といわれた方もおられるかもしれませんね。

実際、ウクレレに限らず楽器の音って問題になりやすいです。

特にマンションやアパートなどの
集合住宅にお住いの人は、何らかの対策を考える必要があるかもしれません。

今回は、そんなウクレレの音の問題を解消するために、簡単に取り入れられる対策をご紹介したいと思います。

ウクレレの音を小さくする対策を紹介

まずは、ウクレレの音を小さくする対策についてご紹介します。

どれも簡単にできる対策ばかりなので、ウクレレを弾いていてうるさくないかが気になっている場合は、 取り入れてみてはいかがでしょうか?

市販のサイレントグッズを使う

ウクレレの音を
手軽に小さくしたい。

そんな方は、ウクレレで使える市販のサイレントグッズを利用されてみてはいかがでしょうか?

例えばウクレレミュート
(弱音器)であったり、普段ピックを使われている方はサイレントピックに変えるなどの対策も効果的です。

劇的に音を小さくできるわけではありませんが、周囲に音が響かなくなるため、 音のうるささがちょっとだけ気になる…なんて場合には結構使えると思います。

例えば以下のようなグッズがおすすめです。



弦楽器専用ミュート 弱音器 GG-022263

新品価格
¥620から
(2020/12/16 10:05時点)



弦楽器専用のミュートです。
ウクレレだけでなく、ギターやバイオリンなどさまざまな弦楽器で使えます。



PICK BOY MU-65U FW EASY MUTE ウクレレ用ミュート

新品価格
¥650から
(2020/12/16 10:05時点)



お洒落なウクレレミュートが
欲しいという方には、上記のPICK BOYのミュートがおすすめ。

マジックテープ式で弦に挟めるようになっており、ワンタッチで着脱できるので手軽に利用できます。



サイレントピック SP-3

新品価格
¥540から
(2020/12/16 10:09時点)



サイレントピックです。
アコギ用と書かれていますが、ウクレレでも使えます。

通常のピックよりも薄く柔らかいため、大きな音が出せません。

ただし柔らかいため、
アルペジオやソロ等の単音弾きには適しておらず、弾くのはストロークプレイに限ります。

ピックを使ってストロークで弾く練習をしたいけど音のうるささが気になる…というときに使うとよいでしょう。

ただしピックで弾かなくても
よいというのなら、指で弾いたほうが音は抑えられやすいです。

サウンドホールをふさぐ

ウクレレの音をできるだけ小さくしたいのなら、サウンドホールをふさいてしまうのも効果的です。

手軽にできるものだと、
タオルのようなある程度ボリュームがある布をサウンドホールに詰めるという方法があります。



ギターの場合、弱音のためのサウンドホールカバーが売られていたりするのですが、 ウクレレのサイズにあうサウンドホールカバーってあまりないのですよね。

あるのならサウンドホールカバーがを使うのが見た目にスマートですが、 無いのであれば、家にあるタオルのようなものを使うのが手っ取り早いです。

サウンドホールをふさぐと物足りない感じの音になりやすいのですが、音が周りに響かなくなるため弱音には効果が高いです。

サイレントウクレレを使う

前でご紹介した方法ではまだ音の大きさが気になるという方、また多少予算が出せるという方は、 サイレントウクレレを買うというのもありです。

どんなサイレントウクレレを使うのかにもよりますが、消音には最も効果的な対策だといえるでしょう。



サイレントウクレレとは、一般的にはエレキウクレレのような楽器を指す言葉で、通常はアンプを接続して利用します。

アンプを接続しなければ小さい音しか出ないこと、またヘッドフォンを装着して利用することもできるため、 夜間しか練習できないような人にも向いています。

例えば以下のような製品が人気が評価が高くおススメです。



MAHALO コンサート ウクレレ ソリッドボディー EUK-200

新品価格
¥19,400から
(2020/12/16 10:37時点)



MAHALOのコンサートタイプのウクレレ。

アンプに接続して利用するエレキウクレレで、アンプを使わなければ小さな音しか出ないこと、 またヘッドフォンを接続して利用することもできるため、できるだけ小さな音で練習したいという人に向いています。

このタイプとしては手頃な価格であるところも良いです。



RISAリサ サイレントウクレレ Uke-Solidユケソリッド ソプラノ

新品価格
¥35,143から
(2020/12/16 10:43時点)



これ本当にウクレレ?
と思ってしまうようなビジュアルですが、間違いなくウクレレです。

音を出したい場合はアンプを接続して、またアンプなしの生音での演奏や、 ヘッドフォンを接続して利用すれば音がほとんど気になりません。

同じ屋内にいても音が気にならないくらいなので、同居の家族に音がうるさいといわれた人にもおすすめ。



ammoon 21"電気ウクレレ オクーム ソリッドウッド 3.5mmおよび6.35mm出力 キャリングバッグ 4本余分な弦

新品価格
¥10,299から
(2020/12/16 10:52時点)



こちらもアンプを接続して利用するタイプのウクレレです。

生音がかなり小さいこと、
またヘッドフォンを接続して利用することもできるため、できるだけ音を出さずにウクレレの練習をしたい場合に向いています。

エレキウクレレとしてはかなり安く、 安いなりの欠点はいろいろあるようですが、コストをかけられない人にはコスパが高く悪くないと思います。

弾く場所を工夫してみよう

楽器禁止の住宅にお住まいだったり、 普段は音を押さえて練習しているけれど、たまには思いっきりウクレレを弾きたい…という方。

そんな方は、
ウクレレを弾く場所を工夫してみましょう。

例えば以下のような場所がおすすめです。

カラオケやレンタルスタジオで練習する



一番無難なのがこの方法。
楽器演奏OKのカラオケボックスや、スタジオを借りて練習するという方法です。

お店にもよりますが、一部のカラオケボックスでは楽器の持ち込みや演奏を許可しているところがありますので、 そういったお店を利用すれば思いっきりウクレレの練習ができます。



ちなみに私自身は、カラオケボックスもスタジオも両方利用したことがあります。

私が訪問したカラオケボックスは「シダックス」ですが、カラオケを利用しないのであれば、 ルームレンタルという形で部屋をやや安く借りることができるんですよね。

ただし店舗によっては楽器不可なところもあるかもしれないこと、 また持ち込める楽器の種類に制限がある可能性もあるため、あらかじめ電話で聞いてから訪問されることをおすすめします。



レンタルスタジオに関しては、一般的なレンタル専用のスタジオのほか、音楽教室がレッスン室を外部にレンタルしているところもあります。

どこで借りるのかにもよりますが、短時間であればそれほど高額ではないため、お近くのスタジオを探してみるとよいでしょう。

車の中で練習する

車をお持ちであるのなら、車の中にウクレレを持ち込んで練習してみてはいかがでしょうか?

車は気密性が高いため、
窓やドアを閉めた状態であれば、ウクレレの音が周りに響くのをかなりの割合で押さえてくれます。

ただし音漏れがないわけではないため、夜間・早朝の練習や、近くに住宅がある駐車場等での演奏はおすすめしません。

時間帯や駐車する場所を
選ぶ必要はあるものの、車があるのなら悪くない方法だと思います。

屋外で弾く



もしお近くに、誰でも入れる広い公園や広場のような場所があるのなら、 そこにウクレレを持ち込んで練習してみてはいかがでしょうか?

たまに見かけますよね。
広い公園や広場などで楽器を練習している人。

ウクレレの音ってそれほど大きくはありませんので、 周囲に住宅がなく、なおかつ周りにいる人たちに迷惑がかからないのであれば悪くない練習場所だと思います。

ただし、場所によっては楽器の演奏を禁止しているところもありますので、 まずはその点をよくご確認ください。

楽器の音は生活音よりも気になりやすいので要注意



楽器の音って、
演奏者が考えている以上に気になりやすいです。

特に下手な演奏を聞くことは他人にとって大きなストレスとなりやすいため、注意が必要です。




中には、
特にクレームはきていないから、うちは大丈夫。
なんて思われている方もおられるかもしれませんが、 クレームがなくとも、ひょっとすると隣近所にお住まいの方は我慢しているのかもしれません。

このご時世、ご近所さんにクレームをいうのはかなり勇気がいることです。

もちろん、ちょっとした生活音で文句を付けるおかしな人もいますが、 多くの方は多少うるさくとも最初は我慢する…というのが一般的です。

クレームが来たということは、 これまでずっと耐え続けたそのイライラと我慢が限界に達したということであり、 予断を許さない状態だというくらいに考えたほうが良いでしょう。



一度ウクレレの音に対するクレームが来てしまうと、それ以降はものすごく弾きにくくなってしまいます。

常に遠慮しながら弾くのは、
精神的にもしんどいですし楽しくありませんよね。

そうならないためにも、特に住宅が密接した環境にお住いの方は、 あらかじめ隣近所に迷惑とならないよう、神経質なくらいに音対策を行っておくことをおすすめします。

また隣近所の人とある程度コミュニケーションをとれるのであれば、あらかじめ楽器を弾く旨を伝えておくなど、 事前に根回ししておくのも一つの手です。






サイト運営者



ウクレレを弾きたい。
そんな初心者に役立つかもしれない情報を発信しております。

役立たなかったらごめんなさい。
続きを見る


Copyright (C) 2017 弾こう!ウクレレ All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE