ウクレレ講座特集

自宅でウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGE ⇒ 「ウクレレの講座で上手くなる理由」


初心者でも簡単に、短期間でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
苦労せずにウクレレがマスターできる。

その秘密を知りたい方は、以下をご覧ください。

ウクレレの講座で上手くなる理由とは?



当サイトではウクレレの効率的な練習方法として、現役プロの講師が教える「初心者向けウクレレ通信講座」の利用をおすすめしています。

なぜおすすめするのか?

その理由は単純。
初心者でも効率よくウクレレを上達させることができるからです。




楽譜が読めないレベルの初心者でも、この講座を実践することで短期間でウクレレの基本を理解し、ウクレレが弾けるようになります。

その理由、秘訣はいろいろありますが、
なんといっても以下の一言に尽きるでしょう
難しいところがない
初心者が楽器の練習で挫折してしまうのは、楽譜の読み方を覚えたり、弾き方を覚えたりといった練習が難しすぎるからです。

難解だと、練習をすること自体のハードルが高くなります。
心理的に、続けることが難しくなってしまうんですね。

特に「楽器が弾けたらな…」という軽い気持ちではじめた方の場合、難しいことや辛い練習にぶち当たってしまうと高い確率で挫折します。

あくまでも、弾くことを楽しむためにウクレレをはじめたのであって、つらい練習をするためにウクレレをはじめたのではないからです。

趣味のウクレレに、難しい練習はご法度だといえるでしょう。



その点、当サイトでご紹介しているウクレレ通信講座は、難しくありません。

もちろん必要な知識は身に付けますし、ウクレレの練習もしますが、レッスンに取り組んでいて「難しすぎて理解できない」ということはまず起こりえません。

それでいてウクレレが上達するとあれば、難しい練習をする意味なんてありませんよね。
難しくない、でもウクレレが弾けるようになる
上記の理由から、ウクレレを弾けるようになりたいという初心者の方におすすめしています。

やってもあまり意味がない講座もある

ウクレレを学ぶにあたって、独学よりも教室よりも自宅でできる通信講座をおすすめしていますが、 どんな講座でもOKというわけではありません。

講座にも様々なタイプがあります。

例えばテキストが主体であったり、反対に映像メインで学ぶもの、両方をバランスよく取り入れたものなどさまざまなタイプがあります。

何を学ぶのかにもよりますが、ウクレレを練習するために講座を利用するのなら、映像を使用した通信講座が断然おすすめです。



なぜ映像がおすすめなのか?

その理由ですが、ウクレレの持ち方や弾き方、
指の使い方などは、実際に弾いている姿をみないことには理解しづらいからです。

文章や写真ではわかりにくいですよね。

目の前で、ウクレレはこうやって構えて、指はこのように使う…といった具合に教えてもらった方が、わかりやすいのではないでしょうか?



あと、テキスト主体の教本を利用した講座は、ウクレレの練習にはものすごく効率が悪いです。

本の文章を読んで、どの弦を押さえて弾くかをなんとなくイメージしてから、今度はウクレレで試す。そしてまた本の文章を見て… を延々に繰り返すことになりますが、これって結構しんどい作業です。

「本を読んでイメージする」という余計な作業が間に入るために時間もかかりますし、頭を使わなくてはならないので疲れます。

それくらい…と思われる方もおられるかもしれませんが、テキストを読んで楽器を弾くという作業は、かなり精神力を消耗します。



それに対して映像を使ったウクレレ講座であれば、映像を観るだけでどのように弾くかがわかるため、自分で弾く姿を想像する必要がありません。

余計な作業を間に挟まない分、効率的にウクレレの練習を進めることができますし、なにより疲れにくいというメリットもあります。

テキストに比べると、何倍も練習が楽になるはずです。

以上の理由より、ウクレレを通信講座で学ぼうというのなら、テキスト主体ではなく映像をメインに使用した講座を選んでください。



当サイトでご紹介しているウクレレ講座は、ほとんどの学びを映像メインで進めていくため、 教室で練習しているような感覚でウクレレを練習できます。

テキストでも確認したい…という方のために、ちゃんとテキストも準備されていますので、 多彩なスタイルによる学びのニーズにこたえることができます。

実際に挑戦してみていただければ、「練習が楽」という言葉の意味が実感できるはずです。

実績がある講師のウクレレ講座を選ぼう

もしあなたが、
講座を利用して、ウクレレを効率よく学びたい。
そう考えるのであれば、ある程度実績をお持ちのウクレレ講師が監修を行っている講座を選ぶようにしましょう。

単純に演奏などの活動を行っているだけではなく、
実際にウクレレ教室を運営して教えている講師などだと、なお理想的です。



やはり実績をお持ちの講師、プロは、どのようにウクレレを練習すれば効率的に上達できるのか、 また初心者がつまづきやすい部分、嫌になりやすい部分をきちんと心得ています。

そういった講師が監修する講座は、講師自身の経験によるノウハウが盛り込まれていることがほとんど。

必要のない練習を徹底的に省き、 なおかつ「つまづきやすい部分」をできるだけ楽にクリアするにはどのような練習の仕方が適しているかなど、 ウクレレを熟知しているプロならではの経験による工夫が盛り込まれています。

独学やウクレレ教室など、他の練習が続かなかった方でも、挫折せずにウクレレを上達させられるはずです。





繰り返しとなりますが、
講座を利用し、自宅で効率よくウクレレを上達させたい。
そう考えるのなら適当に選ぶのではなく、 その講座では「どのような講師」が教えているか、監修しているかを必ずチェックするようにしましょう。

加えて、申し込み前にレッスン内容をある程度確認できる講座だと、失敗がなくてよいと思います。

初心者向けのウクレレ講座を選ぶなら

通信講座を利用して、効率よくウクレレを上達させたいのなら
・映像メインで学べる
・実績ある講師が監修している
上記のような特徴を持つ講座が理想だと述べました。

しかし実際、そんな特徴を持つウクレレの通信講座なんて、あるのだろうか?なんて疑問をお持ちの方もおられるのではないかと思います。




そのような方におすすめしたいのが、当サイトでも何度もご紹介している「初心者向けのウクレレ講座」です。

おすすめしていることからもわかる通り、このウクレレ講座では「映像メイン」「有名講師監修」と、 ここまでご説明したすべての特徴を備えています。

実際に講座の説明ページを見ていただければわかりますが、 とにかくわかりやすいレッスン内容で、完全な初心者であっても難しいと感じるところがありません。

それでいて、最終的にはそこそこの難易度の曲が弾けるくらいまでのレベルに到達できるようになっています。



詳しくは講座のページをご覧いただきたいのですが、 初心者にとってこれ以上にとっつきやすいウクレレ講座は他にありません。

完全な初心者だけど、ウクレレを弾きたい。
他のウクレレ講座では続かなかった…

そんな方にもおすすめできる講座です。
まずはチェックしてみましょう。





Copyright (C) 2014 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved.

TOP
PAGE