ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGE

自宅練習でウクレレを上達させたい人へ



ウクレレを自宅で練習したい。
でも独学では無理。

そんな方、おられますよね。

ウクレレを教室などに通わずやってみたいけれど、練習の仕方がわからない、 どんな本を選べばよいのかがわからないという方は少なくありません。

独学でやろうと思ったけれど、実際に練習をはじめてみてとてもじゃないけど無理だと感じて挫折してしまったり、 最終的に教室に通うことになる人も相当数おられます。

やはり初心者には、独学は難しいのでしょうか?



はじめに結論から述べてしまうと、
ウクレレ初心者であってもきちんとした方法で練習しさえすれば上達は可能です。

教室へ通う必要はありません。

ただし…
初心者の独学は落とし穴がたくさんあります。

正しい方法で練習すれば、教室で習うよりもハイスピードでウクレレを弾くことができるようになりますが、 やり方を間違うとなかなか上達せず、結局挫折してしまいます。

初心者に独学は向かない、教室へ通ったほうが早いといわれるのはそういう理由からです。
でも教室には通いたくない。
教室へ通うのが難しい。
そんな方におすすめしたいのが、自宅でできるウクレレの通信講座です。

教室へ通うことなく、また講師とやり取りすることなく、 独学で練習するのと同じような感覚で、自宅でウクレレのレッスンを行うことができる講座です。

もしこれをお読みのあなたが、ウクレレを独学で上達させたいと本気でお考えであるのなら、知っておいて損はないでしょう。 むしろ知らないと損だと思います。

見るだけならお金はかかりません。
まずは内容を確認してみましょう。

ウクレレ初心者に独学が向かないといわれるのはなぜ?



ウクレレは初めての方でも取り組みやすい楽器です。

であるのにもかかわらず、
初心者には独学は向かないと言われます。

なぜでしょうか?



初心者にウクレレの独学が向かないといわれる理由ですが、 まず、初心者の方は楽器の練習の仕方を知りません。

とりあえず初心者向けのウクレレ教本を買ってやってみればどうにかなるだろう… なんて考えている方がものすごく多いのですが、実際には教本をみても全く上達しないことがほとんどです。

実は初心者向けといっても、本当に初歩の初歩からウクレレを教えてくれる教本はほぼありません。

ある程度理解している方であれば、教本を見ながら練習することも不可能ではありませんが、 ウクレレの基礎すら知らない初心者にはハードルが高いです。

教えてくれる人がいないと、練習を進めることは難しいでしょう。

実はウクレレ教室に通ってもなかなか上達しない



独学では全く歯が立たなかったから、
ウクレレ教室へ通うことにしたという方。

教室へ通いだしてから、ウクレレが弾けるようになったでしょうか?

練習しに行っているのですから、しばらく通い続ければ少しは弾けるようになるはずですが、 なんだか思ったほど上達しない…なんて方、少なくないのではないでしょうか?



練習の仕方は教室によって千差万別であるため、一概にどうとは言い切れませんが、 実はウクレレ教室へ通ったからといって、あっという間に弾けるようになるのかというとそんなことはありません。

なぜなのか?
その理由は、通う教室やあたる先生によって教え方が全然違うから。



結構いろんな方が言われることですが、 レッスン内容が基礎~応用まで体系的にまとめられている教室って、それほど多くはありません。

基礎からきっちり積み上げていくような教室もあれば、いろんな曲を手当たり次第に練習していくような教室もあります。

もちろん、初心者向けであれば最低限の弾き方は教えてもらえますが、 1~10まできっちり教えてもらえるのかというと、そんなことはありません。

教室へ長いこと通っているけれど、市販の本をみてみると結構知らないことがたくさんある…なんてことは珍しくないんです。



加えて、教室へ通うのって月に2~4回程度。
レッスン時間も1回1時間程度と、長くはありません。

その間に基礎を学んで、曲の練習をして…といろんなことをしなくてはならないわけで、 結局大したことってできないのですよね。

しかもグループレッスンが大半なので、たとえ完璧に弾けていなくとも、 他の方との時間の兼ね合いで先に進まなくてはならないこともあります。

そんなやり方で弾き方が身につくでしょうか?

教室通いはウクレレの基礎を学んだり、練習の仕方を把握するのには役立ちますが、 あまり効率的な練習の場ではないといえます。

初心者がウクレレを効率的に上達させるには



初心者にはウクレレの独学は難しい。
ウクレレ教室での練習は、上達には効率が悪い。

…なんてことを聞くと、一体どうやって練習すればよいかがわからなくなる方もおられるかもしれません。



のんびりしたペースで練習していければよいという方は、独学であったり、ウクレレ教室で練習するのも悪くないと思います。

途中で挫折しなければ、少しずつではあってもだんだんとウクレレがうまく弾けるようになってくるはずです。

ですが、できるだけ早く上達させたい方。
また、どうせやるなら効率の良い方法でウクレレを練習したいという方。

そういう方には、ウクレレの基礎からある程度の応用までを、体系的に学べる練習方法を取りいれることをおすすめします。



体系的に学べる練習方法って?
と疑問を持たれた方。

冒頭の繰り返しとなりますが、 次でご紹介しているウクレレの通信講座であれば、初心者であっても効率よくウクレレを学ぶことが可能です。

そんな都合の良いものあるわけないとお思いの方も、まずは見てください。

効率よくウクレレが学べる 初心者向けのウクレレ通信講座

楽譜が読めないレベルの初心者が、短期間でウクレレを上達させるには…
・楽譜が読めなくても練習できる仕組みがある
・努力をしなくても理解できる
・テキストよりも映像授業
・難しい専門用語はなし
上記のような内容のレッスンが好ましいといえます。

特に、「楽譜が読めなくても練習できる仕組み」や「映像授業」を採用している点は、初心者が自宅で練習するにあたってはかなり重要です。

楽器はテキストだと、手指の使い方や弾き方がわかりづらいため、映像メインで教えてくれる講座が良いでしょう。



あと、理解のしやすさも大切です。

楽器を弾きたいという初心者は、ちょっとでも難解な場面に行き当たってしまうと、 練習する気が失せたり手が止まってしまいやすくなります。

難しくても、根性でコツコツやって上達していく人もいますが、それは少数です。

ほとんどの初心者にとって、
努力が必要な練習は向かないんです。

なので、一生懸命努力をしなくても理解できる仕組みや工夫が必要になります。

そのような練習が行えるのが、
以下でご紹介している初心者向けのウクレレ通信講座です。


そもそも、自宅で学ぶことを前提とした通信講座は、 練習の流れや仕組みに工夫が凝らされているものがほとんど。

初心者でもできるだけ長続きできるように、 また必要なことを効率よく学べるように設計されているため、学習効率がとても良いんです。

例えばウクレレ教室へ通うと習得に1~2年はかかるだろうと思われる内容を、 ご紹介しているような通信講座なら、練習次第では1~2か月もあれば習得できます。

要点がまとめられており、学習内容に無駄がないからこそできることだといえるでしょう。



本当にウクレレが弾けるようになるの?と疑問をお持ちの方。

講座のページで紹介されているレッスンの流れを確認していただければ、初心者でも無理なく効率よく練習していけるということがわかるはずです。

まずはチェックしてみましょう。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE