ウクレレは簡単にマスターできる楽器…のはずなのに上手くならないのはなぜ? - ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGE ⇒ 「ウクレレは簡単にマスターできる楽器…のはずなのに上手くならないのはなぜ?」


楽器が初めてでもすぐにウクレレがマスターできる。
そんなウクレレの通信講座があります。

完全な楽器初心者でも、
自宅であっというまにウクレレが弾けるようになる。

そのレッスンとは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレは簡単にマスターできる楽器…のはずなのに上手くならないのはなぜ?



簡単にマスターできる楽器として、人気の高いウクレレ。

漠然と楽器に挑戦してみたいなと思っていたところに、 「初心者にはウクレレがおすすめ」だといわれてやってみようかな…となる人、一定数おられると思います。

そんなウクレレですが、
簡単だからとはじめてはみたものの、一向に上手くなりません。

簡単というか、むしろ難しくて練習が苦痛になることも…。

簡単にマスターできるなんて、
もしかして嘘だったのでしょうか?



ウクレレが簡単にマスターできる楽器だというのは、
決して嘘ではありません。

ただし他の楽器に比べれば、です。

何らかの楽器の練習をされたことがある方ならわかると思いますが、 楽器をある程度マスターしようとなると、かなり練習しなくてはなりません。

もちろんどのような楽器をやるのかにもよりますが、 例えば一般的に親しみのあるピアノなどだと、かなり練習しなくてはなりませんよね。

ピアノを習っている子供を見ればわかりますが、
ある程度上手な子は幼いころから何年も習い続けています。

それだけやって、ようやくモノになってくるというわけです。



そういった他の楽器に比べれば、ウクレレはまだ簡単です。

練習の仕方さえ間違わなければ、
数か月もあればそれなりに弾けるようになりますから。

そういった点を考えると、ウクレレが比較的簡単にマスターできるという楽器だといっても間違いではないわけですが、 どの程度簡単なのか?は人によって異なります。

何年も他の楽器をされていた方であれば、
ものすごく簡単と答えるかもしれません。

ですが、全く楽器を練習したことがない初心者だとどうでしょう?

真剣に練習をすれば弾けるようにはなりますが、
やった本人にしてみると「簡単にマスターできる」という実感はまずないと思います。



ウクレレは、楽器の中ではまだ簡単な方です。
でも、誰にでも簡単だというわけではないのですよね。

特に初心者には厳しいです。



…というとがっかりされる方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。

上で、ウクレレは「練習の仕方さえ間違わなければ、数か月もあればそれなりに弾けるようになる」と述べましたが、 本当にその通りで、ウクレレは練習の仕方によって上達速度が大きく変わります。

効率の悪い方法だと1年たっても上手く弾けませんが、 効率の良い練習方法だと、早ければ約1か月でかんたんな曲が弾ける程度にまで上達します。

そんな、ウクレレを簡単にマスターできる練習方法を知りたいと思いませんか?

それにはまず、初心者にとって
効率の良い練習というものが何なのかという点を、考えなくてはなりません。

次をご覧ください。

初心者は楽譜を気にせずに練習することが大事

音楽の知識がゼロの楽器初心者にとって、
楽器をやるうえで大きな障害になりやすいことってなんだかわかりますか?

それは、楽譜です。



楽器初心者は楽譜が読めない方が多いです。

そんな初心者がウクレレを弾こうという場合、
ウクレレの練習云々以前に楽譜の見方を勉強しなくてはなりません。

ウクレレで使用する楽譜は、
一般的に使用されることの多い五線譜と呼ばれる楽譜に比べれば、まだ簡単な方です。

しかし楽譜の知識がない初心者にしてみると、難解なものに違いなく、 楽譜のせいで楽器をやることが困難に思えてしまいます。



実際、初心者が楽譜を読みながらウクレレを弾くのって、結構大変です。

楽譜を読むのも、ウクレレを弾くのも、
ものすごくゆっくりなペースでしかできません。

なので曲を弾くというより、たまに音を鳴らしているだけ…に近い状態になります。

この状態を長期間繰り返すのって、
初心者にはかなり苦痛ですし面白くないはず。

最後には練習がつらくなって、弾けるようになるまでに止めてしまいます。



このように、初心者の楽器練習では、
楽譜を読むことは大きな障害になりえます。

ウクレレを弾くことより、楽譜を読むほうが大変だといえるかもしれません。



そんな面倒な存在の楽譜ですが、
仮にもし、楽譜を読まずにウクレレを練習できるとしたら?

楽譜を読まなくてもよいのなら、
もっと楽に練習できると思いませんか?

といっても、ウクレレの練習に楽譜は欠かせませんので、ありえない話なのですが…



…と言いたいところですが、実は楽譜なしでもウクレレはマスターできます。

当サイトでご紹介している「初心者向けウクレレ講座」で採用している練習方法なら、 楽譜が読めない初心者でも、楽譜を読まずともあっという間にウクレレが弾けるようになります。

一体どんな練習方法なのか?
以降、簡単に説明します。

楽譜の知識は不要 すぐにウクレレを弾く練習方法とは?

通常、ウクレレを弾くためには
楽譜を読む知識は欠かせません。

ですが、プロの講師が教える「初心者向けのウクレレ講座」で採用されている練習方法なら、楽譜の知識は一切不要。

楽譜が読めなくとも、
すぐにウクレレを弾く練習に取りかかることができます。

どんな練習方法?と思いますよね?




その具体的な方法ですが、講座のレッスンでは
・講師の弾き方をアップで見られる映像
・見てすぐに弾き方がわかる特殊な楽譜
を活用します。

映像で講師の手元の様子や、見てすぐに弾き方がわかる楽譜を確認するだけで、 押さえるべきウクレレの弦や弾くタイミングがわかります。

要は「講師の弾き方」をお手本にして、
弾く練習を繰り返すというわけです。

講師の手元の様子は、さまざまな角度からアップで確認できるので、 弾き方がわかりづらいといった心配はありません。

楽譜を読む勉強をしなくても、楽譜を見なくても、
講師の弾き方を参考にするだけですぐにウクレレを弾くことができます。



それで本当に弾けるようになるの?とお思いの方もおられるかもしれません。

ですが講座では、楽器に不慣れな初心者でも問題なく取り組めるよう、 かなり初歩的なところから練習を開始し、少しずつステップアップしていきます。

とても分かりやすい内容なので、
不器用であってもついていけないことはまずないでしょう。

実際、すぐに弾けるようになったという声は多いです。(以下、実際にチャレンジしてみた方の感想です)
不器用なので弾けるか自信がなかったですが、 先生の解説は本当にわかりやすく、あっという間に弾けるようになりました。
友人に「短期間ですごいね」といわれ、自信になりました。
はじめたばかりですが、1曲弾けたときは感動しました!
本格的な曲も簡単に弾けてとても楽しいです。


楽譜を読まない練習法であれば、
楽譜自体を学ぶ手間や、楽譜を見ながらウクレレを練習するといった面倒から逃れられます。

またそうすることで、ウクレレの練習で一番大切な「ウクレレを弾くこと」に時間を大きく割くことができ、 その結果、短期間でウクレレが弾けるようになります。



中には、楽譜は読めないまま?
と心配される方もおられるかもしれません。

ですが当講座では、ウクレレがある程度上達した段階で、
楽譜を学ぶためのレッスンも用意されています。

ある程度ウクレレが弾けるようになった状態であれば、楽譜の習得も比較的容易に行えますので、 その段階では難なく楽譜の知識を身に付けることができるでしょう。
まずはウクレレを弾く
あとに楽譜の見方を覚える
という非常に効率の良い練習方法で、ウクレレをマスターすることが可能です。

ウクレレは簡単にマスターしたいのなら、練習方法を選ぼう

ここまでご説明したように、ウクレレは練習の仕方によって上達速度に大きな開きがでます。

効率の良い練習方法だと数か月でウクレレが弾けるようになりますが、 効率の悪い練習方法だといつまでたっても弾けないばかりか、練習がイヤになって挫折するリスクが高まります。

どうせやるのなら、効率よい練習方法で短期間でウクレレをマスターしてしまいましょう。



ご紹介している「初心者向けのウクレレ講座」では、 ここでご説明した以外にも、様々なウクレレのテクニックを学べるようになっています。

ひと通りのレッスンを終えるころには、
人前でウクレレを披露しても恥ずかしくないレベルになっているはず。

そこまで上達すれば、あとは市販の教本を利用して独学でやっていくことも可能です。

まずは効率の良い練習方法で、
ウクレレ初心者を卒業してしまいましょう。



具体的なレッスン内容については、講座のページにて詳しく掲載されていますので、 ご興味をお持ちの方はぜひチェックしてみて下さい。

まだ楽器をお持ちでない人には、講座の教材に、ウクレレや必要な道具がすべて付属する「楽器セット」がおすすめです。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE