最初に買うウクレレは安いほうが気が楽でいい その理由について - ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGEウクレレ豆知識 ⇒ 「最初に買うウクレレは安いほうが気が楽でいい その理由について」



初心者でも簡単に、たった30日でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

最初に買うウクレレは安いほうが気が楽でいい その理由について



ウクレレ教室に通うにせよ、
独学するにせよ、ウクレレをはじめるにあたってまず用意しなくてはならないのが楽器です。

ですがウクレレと一口にいっても、さまざまな種類・値段のウクレレがあります。

どんなウクレレを買えばよいのか…
と頭を悩ませる方は少なくないのではないでしょうか?

今回は、初心者が一番最初に買うウクレレについてお話しします。

高価なウクレレは必要ない

ウクレレのような楽器は価格が高いほど品質が高く、良い音が出るといわれます。

逆に安いウクレレは、
ボディに使われている材料の質があまりよくないこと、また作りも甘く、音もよくないことがほとんど。

さらには壊れやすいです。

なのでもし、あなたがウクレレに費用をかけられるのなら、 最初からある程度価格の張るウクレレを購入したほうが、余計なストレスを抱えずに済むと思います。



ただ、趣味にお金をかけられない人もいますよね。

家族の目が気になって、
高価なウクレレは買えないという方もおられるはずです。

そんな場合は、安めのウクレレでもOKです。



…というと、
「でも安いと音が悪かったり、壊れやすいのでは?」
と思われる方もおられるかもしれませんが、 初心者がいきなり高価なウクレレを買ったとして、はたしてその価値がわかるでしょうか?

すでに楽器に詳しいのならばともかく、 本記事を読むようなレベルの初心者だと、ウクレレの音色や使用感の違いなども判らないでしょうし、 そもそも弾きこなせませんよね?

さらにはメンテナンスの仕方や扱いもよくわかっていないために、 早くに楽器を傷めてしまう可能性もあります。



高価なウクレレを2本3本と買う余裕があるのなら、いきなり高価なウクレレを買うのも悪くはないでしょう。

ですが楽器にお金をかけられないのなら、
最初のうちは安いウクレレで済ませるのがベターだといえます。

ある程度弾けるようになると次のウクレレが欲しくなってきますので、 その時に良いウクレレを買うことを考えればよいのではないでしょうか。

安いと気軽に使える

初心者に安いウクレレをおすすめする理由には、費用の問題もありますが、 安いと壊れることを気にせずに扱えるという理由もあります。



初心者が早くウクレレをマスターするには、できるだけ頻繁に弾くことです。

普段の練習をしっかりとこなすことはもちろん、ちょっとしたすき間時間に覚えた曲を弾いてみたり、 何を弾くでもなく暇な時にポロン…と鳴らしてみたり、とにかくウクレレに触れることが上達の近道となります。

そうやって頻繁に弾くとなると、
いちいちウクレレをケースにしまうなんてことは面倒すぎてできません。

出し入れが面倒だと、
弾かなくなるからです。

手の届くところに出しっぱなしにしたほうが、ウクレレを触る癖がつき、結果早く上達します。



ただ、ウクレレを出しっぱなしにしていると、何かの拍子にぶつけたりしやすいですし、 置き場所によっては温度差や湿度の影響も受けやすくなります。

そうすると、
早く楽器が傷んでしまうのですよね。

高額な費用を出して買ったウクレレが傷んでしまったら、悲しいを通り越して痛いですよね。

ですが低価格帯のウクレレなら、
最悪壊れたとしてもあきらめがつきます。

また傷んだり壊れたとしても、ガンガン練習することでウクレレが上達すれば、 価格以上の価値があったといえるのではないでしょうか?



初心者に安めのウクレレをおすすめするのは、上記のような理由もあります。

とにかく沢山練習したい最初のうちは、
気軽に扱えるウクレレを使用しましょう。

最初に買うウクレレ どのくらいの価格が良いのか

ここまで、初心者が最初に選ぶウクレレは「安物でもOK」だと述べました。

といっても、
この言い方だとあまりにも漠然としていてわかりづらいですよね。

人によって「安い」と感じる価格帯って大きく異なりますので、 5千円程度のウクレレで良いかな?と思う人もいれば、2~3万くらいだろうかと考える人もいます。



で、結局どのくらいの価格帯のウクレレが良いのか?

この答えについてですが、
私の意見を言わせてもらうと、初心者が選ぶウクレレは1万円前後~が適当かなと思います。

ある程度予算に余裕があるなら2~3万、余裕がないなら1万円前後です。



ちなみに、これは楽器のみの価格です。

よく「ウクレレ入門セット」などという名称で、 1万円くらいでウクレレや周辺機器、楽譜などがすべてセットになった商品が売られていたりしますが、これはおすすめしません。

ウクレレのみで1万円前後くらい、全てをセットで買うなら2万円くらいが良いでしょう。



中には1万円前後ときいて、高いと感じる方もおられるかもしれませんが、買うのはおもちゃではなく楽器です。

例えば子供に与えるおもちゃや、
インテリアとしてウクレレを買うのであれば1万円以下の製品でも良いでしょう。

ですが楽器として弾くのであれば、
1万円以下の製品はまずおすすめできません。

材質が悪かったり作りが適当であるために、短期間の利用で不具合が出る可能性が高いからです。

弾いているうちに音がずれてしまうようなものもあるなど、楽器としてはまともに使えないものも多いため、 最低でも1万円前後のウクレレをおすすめしています。

1万円前後のウクレレも正直言って高品質というわけではありませんが、 とりあえず最初のうちはそのくらいの価格帯が適当です。

初心者におススメのウクレレ

最後に、初心者におススメされることの多いウクレレを載せておきます。

KALA カラ ウクレレ Satin Mahogany Series マホガニーボディ ソプラノ KA-S (ケース付属) 【国内正規品】

新品価格
¥10,800から
(2020/11/17 11:22時点)



KALAのウクレレは安い割に扱いやすく、
またきれいな音色で多くの初心者に人気のモデルです。

安いウクレレが欲しいという方におススメ。



【Famous】 ソプラノウクレレ FS-1G (国産 マホガニー材 初めての方にオススメ)

新品価格
¥19,800から
(2020/11/17 11:24時点)



Famousという国産メーカーのウクレレです。

Famousの中でも「FS-1(FS-1G)」は、
一番最初におススメされることの多い低価格帯のモデルで、とにかく評価が高いです。

先にご紹介したKALAのモデルよりも
若干高いですが、ある程度予算が出せるならFamousが良いでしょう。

私自身もFamousのモデルが好きです。





以上、参考になりますと幸いです。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE