ウクレレでハワイアンを弾きたい!初心者でも簡単に弾けるハワイアンのウクレレ楽譜を紹介 - 弾こう!ウクレレ

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ講座の特集やノウハウを掲載。

TOP PAGEウクレレ楽譜のおすすめ ⇒ 「ウクレレでハワイアンを弾きたい!初心者でも簡単に弾けるハワイアンのウクレレ楽譜を紹介」



初心者でも簡単に、たった30日でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレでハワイアンを弾きたい!初心者でも簡単に弾けるハワイアンのウクレレ楽譜を紹介



ウクレレといえばハワイを思い浮かべる方は少なくありません。

実際ウクレレの音色って、
軽やかで優しいハワイの音楽にとてもよくあっていますよね。

そんな理由もあってか、
ウクレレでハワイアンミュージックを弾きたいという初心者は少なくありません。

というわけで今回は、ウクレレ初心者に向く、ハワイの代表的な曲や有名曲が掲載されたウクレレ楽譜をご紹介します。

初心者向け!代表的なハワイアンミュージックのウクレレ楽譜を紹介

代表的なハワイアンミュージックが掲載されており、 なおかつ初心者でも弾きやすくアレンジされたウクレレ楽譜のおすすめをご紹介します。

以下でご紹介している楽譜にはいずれも模範演奏CDが付属していますので、 曲をよく知らない人でも大丈夫です。

ウクレレで「ハワイアンの弾き語り」ができるようになる本

まずご紹介したいのがこれ。

ハワイアンの人気曲を使用して、ウクレレの基本的な弾き方をはじめ、 ウクレレの弾き語りを楽しく学ぶことができるという初心者向けのウクレレ楽譜です。

ウクレレで「ハワイアンの弾き語り」ができるようになる本 初心者でも安心のカンタン楽譜で楽しく演奏しましょう (CD付) (リットーミュージック・ムック)

新品価格
¥2,200から
(2020/12/7 14:16時点)



「アロハ・オエ」や「カイマナ・ヒラ」をはじめ、「真珠貝の歌」「ワイキキ」などなど、 定番のハワイアンミュージックを全25曲掲載しています。

うち9曲はたった3つのコードで
弾けるようアレンジされているため、初心者でも楽しんで弾くことができるはずです。

単に楽譜が簡単なだけではなく、 コードの押さえ方がすぐにわかる「コード・ダイアグラム」を掲載している点も魅力が大きいといえるでしょう。

曲についての解説もあるため、
1冊をやりきることでハワイアンミュージックに詳しくなれます。

評価も高く、初心者にはかなりおすすめできる1冊です。

はじめよう! ウクレレ やさしいハワイアン

これからウクレレをはじめようという初心者には、 以下の「はじめよう! ウクレレ やさしいハワイアン」というハワイアンの楽譜もおすすめです。

ハワイアンミュージックの楽譜だけでなく、ウクレレの基本を学ぶための講座にもページを割いており、 基本があまりわかっていない人にも向いています。

ただし簡単なソロの練習も混じっているため、初心者にとっては先にご紹介した本よりもやや難易度が高めかもしれません。

はじめよう! ウクレレ やさしいハワイアン 【CD付】

新品価格
¥1,760から
(2020/12/7 14:23時点)



ハワイアンレパートリーの曲のレパートリーは、全部で25曲。

ハワイアンミュージックでは有名な「アロハ・オエ」や「カイマナ・ヒラ」をはじめ、 定番の曲をやさしくアレンジした初心者向けの楽譜が掲載されています。

ハワイアンを弾きながら基本を覚えられるようなレッスンの構成となっているため、 初めての方でも楽しみながら練習できるはずです。

先にご紹介した本と同様、初心者にはおススメの楽譜です。

ウクレレ・アロハ

ウクレレの基本的がある程度身についている初心者におすすめなのが、これ。

ウクレレではおなじみとなる、
キヨシ小林のアレンジによるハワイアン・ソロ・ウクレレの楽譜です。

本格的なタブ譜を掲載しつつも、初心者向けの優しいアレンジがなされていること、 また押さえ方や指の動きがわかるコード・ダイアグラムがついているため、初心者でも問題なく弾けるようになるでしょう。

ウクレレ・アロハ 模範演奏CD付

新品価格
¥2,200から
(2020/12/7 14:39時点)



ただし、弾き方がよくわかっていない完全な初心者には、ちょっと難易度が高いと思います。

といっても難しいほどではなく、
ある程度ウクレレに慣れた人であれば問題なく練習に利用できるはずです。

初心者向けの楽譜の中には、あまりにも単純にアレンジしすぎて原曲のイメージを損なっているものが少なくありません。

ですが本書は簡単ではあっても、ハワイアンならではの雰囲気を壊さないようアレンジに工夫があるため、 弾くこと自体を楽しめると思います。

ハワイアンらしいハワイアンを簡単・気軽に弾きたい、という方には魅力的な本です。

特定の曲が弾きたい なら必要な分だけ楽譜を買うのもあり

市販されているウクレレ楽譜にはたくさんのハワイアンミュージックが掲載されていますが、 特定の曲だけを弾きたい人にとっては無駄が多いともいえます。

特定の曲だけ弾ければよい、余計な楽譜は不要…なんて方には、楽譜専門サイトの利用もおすすめです。



楽譜専門サイトとは、曲の楽譜を有料で販売しているサイト。

1曲から楽譜を購入できるため、
特定の曲だけ弾ければよいという人には、市販のウクレレ楽譜を買うよりも無駄がありません。

例えば以下のようなサイトで、ウクレレの楽譜を買うことができます。 上記の楽譜専門サイトは、
1曲から購入可能であるため、特定の曲のみを買う目的で利用するのであればコスパが高いです。

ですがたくさん買うと、むしろ本を買うよりも割高になりますのでご注意ください。

たくさん買うのであれば、 最初から数十曲の楽譜がまとめて掲載されている本を購入したほうが費用を抑えることができますので、 よく考えて購入しましょう。

なぜウクレレといえばハワイアンなのか

ちょっとだけ雑学を。

ウクレレと聞いてハワイを
思い浮かべる方って少なくありませんが、そもそもなぜハワイなのかについて考えたことってあるでしょうか?

ハワイ発祥の楽器だから…と言われる方もおられるかもしれませんが、 実はウクレレって、ポルトガル人がハワイに持ち込んだ民族楽器が起源だといわれています。

その民族楽器にさまざまな改良が加えられていったその末に、 現在のようなウクレレの姿があるのだとか。

なので正確にいうと、
ハワイ発ではなくポルトガル発ともいえる楽器なのです。



ちなみにウクレレが日本にはいってきたのは、昭和の初めごろ。

ハワイアンミュージックだけではなく、 さまざまなジャンルの音楽に使用されるようになったのは1980年代以降のことで、 この頃から日本国内のメーカーでもウクレレが製造されるようになりました。

そして今では、楽器になじみがない
人でも趣味としてはじめる方がいるくらい、日本人にとっては身近なものになったというわけです。

今度どうなっていくのかは
わかりませんが、さらにウクレレが日常的な楽器になっている可能性もないとはいえず。

興味をお持ちの方は今のうちにはじめておくと、 のちのちブームの先駆けとして後発組から注目(?)されることもあるかもしれません。






サイト運営者



ウクレレを弾きたい。
そんな初心者に役立つかもしれない情報を発信しております。

役立たなかったらごめんなさい。
続きを見る


Copyright (C) 2017 弾こう!ウクレレ All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE