初心者向けのウクレレワークショップに参加してみよう! - 弾こう!ウクレレ

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ講座の特集やノウハウを掲載。

TOP PAGEウクレレ豆知識 ⇒ 「初心者向けのウクレレワークショップに参加してみよう!」



初心者でも簡単に、すぐにウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

初心者向けのウクレレワークショップに参加してみよう!



ウクレレを習ってみたいけど、
教室へ通うのは抵抗がある、かといって独学で練習する自信もない。

そんなウクレレ初心者におすすめなのが、ウクレレのワークショップ。

全体的に価格が安いこと、また教室よりも気軽に参加でき、なおかつ詳しい人に弾き方を教えてもらえるなどメリットが多いため、 気軽にウクレレを弾いてみたいという人に人気があります。

オンラインで参加できる
タイプもあるため、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今回は、ウクレレを学べるワークショップの探し方や参加方法について、一例をご紹介したいと思います。

ワークショップとウクレレ教室の違いとは?

ワークショップについて詳しくご紹介する前に、 ウクレレ教室とどういった点が違うのか?について簡単にご説明しておきます。

一般的にウクレレ教室というと、
定期的に教室へ通って講師にウクレレを習うというイメージがあります。

先生の指導のもとに参加者が学んでいく、学校のような立ち位置に近いものだといえるでしょう。



一方でワークショップは、体験型の講座という意味を持ちます。

教室と似ていますが、あくまでも体験するための場を提供する集まりであり、 必ずしも講師が生徒に教える形をとるとは限りません。

単純にウクレレ好きが集まって活動をするだけの場もあれば、 ウクレレ教室のように講師が生徒に対してレッスンをおこなうようなワークショップもあるなど、多種多様です。



とはいえ、基本的には教室もワークショップもやることは似たようなモノだと考えていただいて差し支えありません。 初心者向けのワークショップなら、教室と同じように基礎を教えてもらえるはずです。

異なる点は教室が定期的に
通うのにたいし、ワークショップは1回限りの参加でもOKなところが多いという点。

中には定期開催のワークショップもありますが、1回あたりの価格が教室より安いことがほとんどです。

上記のような理由より、
教室よりも気軽に参加できる点が、ワークショップの醍醐味だといえるでしょう。

まとめると以下のような感じです。
教室… 定期的に通う
ワークショップ… お試し体験、自由参加
ウクレレ教室に定期的に通うのはハードルが高いという初心者や、 ウクレレどんなものがちょっと試してみたいという方には、ワークショップのほうが向いているといえるかもしれません。

ワークショップによっては、お茶とお菓子の時間を設けるなど、アットホームな感じで練習を進めていくところもありますので、 ウクレレ仲間が欲しい人にも良いですね。

一方で、体系的なプログラムの中で効率的にウクレレを練習したい人には、ワークショップよりも教室のほうが向いています。

ワークショップの探し方について

ウクレレのワークショップに興味がある、でもどうやって参加すればよいのかがわからないという方向けに、 その探し方や参加の仕方について解説します。

講座やワークショップの紹介サイトを見る

多くの方にとって一番手っ取り早いのがこれ。

各地で開催されている
「講座」や「ワークショップ」を中心に紹介している情報サイトを見ることです。

お住まいの地域で実施されている
ウクレレのワークショップを、ネットで簡単に見つけることができます。

例えば以下のような紹介サイトが探しやすいです。 どのようなワークショップが開催されているかは地域にもよりますが、 例えばイベント会場へ足を運んで練習するタイプもあれば、 最近はオンラインで参加できるタイプも増えています。

上記のサイトでいうと、どちらかというとストアカはオンライン開催が多め、ジモティーは対面が多い印象です。

いずれも基本的には
各サイトで会員登録を行ったうえで、目的の講座やワークショップに申し込む形となります。

ご自分の環境やスケジュールにあったワークショップを簡単に探せるため、 気軽にウクレレを練習したいという人には便利なはずです。

ウクレレや音楽教室をチェックする

ウクレレや音楽教室で、定期的にワークショップなるものを開催しているところもありますので、 お近くにウクレレ教室があるのであればチェックしてみましょう。

教室で開催されているワークショップは、いわば教室へ入会する前の体験版的な位置づけであるものが多く、 そのまま教室へ入会することも可能です。



プロではない一般の人が開催しているワークショップとは異なり、 教室開催のワークショップは、レッスン内容が体系的にまとめられていることが多いです。

なので効率よくきちんと
ウクレレを学びたい人には、教室開催の方がおススメだといえます。

ただし教室によっては、本格的なウクレレ教室への入会を促すところもありますので、どのようなワークショップなのかを事前に良く調べるようにしましょう。

参加前に料金をきちんと確認しよう

一般的にワークショップは、定期的に通うウクレレ教室などと比較すると料金が安めです。

費用負担は、練習のための会場や会議室を押さえる費用のみなど、必要最低限の料金で参加できるワークショップが多いため、 予算に余裕がない人にも向いています。



ただ、中には講師とマンツーマンでレッスンを行うワークショップなど、費用が高めなものもあります。

また会場費のみ負担のワークショップでも、参加人数によっては一人当たりの費用負担が大きくなる場合もあるため、注意が必要です。

ワークショップに参加する前に、
どの程度の料金が必要になるのかをよく確認しておきましょう。

料金がはっきりと書かれていない場合は参加を控えるか、事前に問い合わせることです。






サイト運営者



ウクレレを弾きたい。
そんな初心者に役立つかもしれない情報を発信しております。

役立たなかったらごめんなさい。
続きを見る


Copyright (C) 2017 弾こう!ウクレレ All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE