ウクレレ初心者にピックは必要?ピックを使って弾くメリットとは - 弾こう!ウクレレ

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ講座の特集やノウハウを掲載。

TOP PAGEウクレレ豆知識 ⇒ 「ウクレレ初心者にピックは必要?ピックを使って弾くメリットとは」



初心者でも簡単に、すぐにウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレ初心者にピックは必要?ピックを使って弾くメリットとは



ギターではピックを使って弾くことは一般的ですが、 ウクレレでピックを使っている人ってあまり見かけません。

上級者の演奏をみても、
ピックよりもツメを使って弾いている人が多いです。

そのためか、ウクレレではピックは使わないものだと思いこんでいる初心者、少なくないのですよね。



ただお店などを見てみると、
ウクレレ用のピックって普通に売られています。

それをみて「あれ?ウクレレって指で弾くものでは?」 なんて混乱してしまう場合があるようです。

ウクレレにピックって必要なのでしょうか?
また使うメリットとは?

以下、解説します。

ウクレレの演奏にピックは必要?

ウクレレの演奏にピックを利用する必要があるかどうかということについてですが、 これはもう、好みによるところが大きいです。

ピックを使うと、
指を使って演奏するよりもシャープでくっきりとした音が出ます。

その音が好きなのであればピックを使えばよいし、別に指で弾いた音でも構わないのであれば、 指で弾けばよいでしょう。
でも、上級者はあまり使っていないし…
と思われる方もおられるかもしれませんが、別にピックを使っているからといって、 ウクレレ奏者としてグレードが下がるわけではありませんし、恥ずかしいことでもありません。

ピックを使うことと演奏の良し悪しは全く別ものですので、 ピックを使ったほうが良いと感じるのであれば、ピックを使うことです。



ちなみに、ウクレレでピックを使う人をあまり見かけないのは、 ギターなどに比べてウクレレの弦はソフトで柔らかいものが多いからです。

多くのギターの弦は硬いため、指や爪を傷つけないためにピックを利用することが一般的ですが、 ウクレレの弦はギターに比べるとソフト。

ピックを使わずとも、指やツメで十分代用できます。

どちらかというと、ピックなしの方が身軽だと感じる人は少なくはありませんから、 ツメで代用できるのならツメを使えばいいか、という感じです。

ピックに興味をお持ちの方は、
自分にとって必要かどうか?で利用を検討するとよいでしょう。

ピックを使ってウクレレを弾くメリット

ウクレレの演奏にピックは必要ありません。
ですが、ピックを使って弾くメリットって実はたくさんあります。

以下をご覧ください。

指やツメが傷つくのを防げる

ウクレレでは、ピックの代わりに指やツメで弾いている人が多いと述べましたが、 弦楽器の演奏は摩擦が多いため、時に指やツメを傷つけてしまうことがあります。

特にまだ指先の皮膚が柔らかい
ウクレレをはじめたばかりの初心者や、ツメが弱い人。

そういう人は、弾いているうちにツメが割れてしまったり、 指先に水ぶくれができてしまうこともあります。

弾いているうちに皮膚が強くなり、傷つきにくくなりはするものの、 ウクレレを指やツメで弾き続けている限り、いたわるためのお手入れは欠かせません。

結構気を使うし、大変なのですよね。



その点、ピックをメインに使ってウクレレを演奏していれば、 指やツメが傷つくことはまずありません。

指やツメが痛いからといって
練習を控えなくてはならないようなことにはなりませんし、 お手入れに気を遣う必要もありません。

ピックの購入費用はかかるものの、ピックなんて安いものですから、 いくつかの種類を揃えたとしても大した負担はないでしょう。

ツメを伸ばさずに済む

ツメでウクレレを演奏する人の中には、ツメを長く伸ばしている人が結構います。

理由は、ツメを伸ばした方が
ツメだけで弾きやすいからです。



ツメが短い状態であっても、
ツメでウクレレを弾くことはできます。

ですがツメが短いと、ツメだけでなく皮膚も弦にあたるため、 ツメだけで弾くよりもややソフトな音になってしまうのですよね。

それがイヤで、ツメを伸ばすんです。



ただ、中にはツメを伸ばしたくないという人もいるでしょう。

私自身もそうです。
ウクレレの演奏云々は関係なく、ツメを伸ばすこと自体がイヤなのですよね。

でも、ツメでウクレレを弾いたときの
シャープでくっきりした音は気に入っている。

けど、ツメを伸ばすのは嫌。



上記のような場合に、ピックがあると便利です。

ツメを伸ばさずとも、
ピックで弾けばくっきりとしたウクレレの音を楽しむことができます。

ツメを伸ばしたくないという人は、ぜひピックを使ってみてください。

ピックの種類によって音の雰囲気を変えられる

ウクレレでピックを使われている方って、様々な種類のピックを利用されている方が多いです。

その理由は、ピックの素材
によって音の出方が変わるから。

指でウクレレを弾くのと、
ツメで弾くのって音が全然違いますよね?

それと同じようにピックも使われている素材によって、ウクレレの音が大きく変わるんです。



例えばウクレレ用のピックでよく見かける、革製やフェルト製のピックだと、 ややソフトな感じの音が出ます。

一方でギターでよく使われる
硬いピックだと、シャープで尖った音が出やすいです。

音の好みって人によって様々ですし、
曲によって変えたい場合もありますよね。

そんな場合にさまざまな種類のピックを持っていると、気分に合わせて音を変えることができて便利です。

ピックは便利な道具の一つ 好きな時に使おう

ウクレレの演奏にピックを取り入れることには様々なメリットがあります。

ツメや指派、ピック派とはっきり区別してしまうのではなく、 例えば曲や演奏方法によってピックを使ったり、気分によっては指やツメで弾くなど、 フレキシブルに使い分けてみてはいかがでしょうか?

記事中でも述べたように、以下のような様々な種類のピックを使い分けるのもおすすめです。


Famous ウクレレピック(本皮製) 3枚セット☆ホヌ ハイビスカス モンステラの3枚セット

新品価格
¥990から
(2020/12/2 14:09時点)



Ibanez アイバニーズ 新素材エラストマーを使用した新感覚ピック 3枚入 トライアングル形状 HARD 2.2mm BEL4HD22

新品価格
¥457から
(2020/12/2 14:09時点)



TAB サムピック TAB Special 2 TP113-LB×P (THIN)

新品価格
¥507から
(2020/12/2 14:11時点)



Donner ギターピック 16枚セット それぞれ厚さ カラフル 多種多色 (カラフル)

新品価格
¥620から
(2020/12/2 14:15時点)




一般的に硬い素材でできたピックほど、くっきりと強い音がでやすいです。

人によって好みは異なりますので、
まずはいくつかのピックを試してみて、使いやすいと感じるものを見つけてみてください。






サイト運営者



ウクレレを弾きたい。
そんな初心者に役立つかもしれない情報を発信しております。

役立たなかったらごめんなさい。
続きを見る


Copyright (C) 2017 弾こう!ウクレレ All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE