ウクレレを独学できる教本のおすすめを紹介!独学に向く本をお探しの方に - 弾こう!ウクレレ

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ講座の特集やノウハウを掲載。

TOP PAGEウクレレ楽譜のおすすめ ⇒ 「ウクレレを独学できる教本のおすすめを紹介!独学に向く本をお探しの方に」



初心者でも簡単に、たった30日でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレを独学できる教本のおすすめを紹介!独学に向く本をお探しの方に



市販されている教本を利用して、
ウクレレを独学したい。

そんな方は少なくないと思います。

教室に通うのは時間が必要ですし、
お金もかかります。

ですが市販の本なら好きな時にできますし、教室へ通うよりもずっと安くウクレレを学ぶことができます。




ただ、市販のウクレレ教本といっても沢山あります。
どんな本を選べばよいかわからない…。
なんて初心者は多いですよね。

というわけで今回は、
ウクレレを独学で学びやすい教本のおすすめをご紹介したいと思います。

教本でウクレレを独学するなら、動画コンテンツつきの本を選ぼう

ウクレレを学べる教本はたくさん売られています。

そのタイトルやキャッチコピーに
目を通していると、どれもよさそうに思えてしまいますよね。

ですがもし、あなたが教本を使ってウクレレを独学しようと考えているのであれば、 本だけでなく動画コンテンツが付属している本を選んで下さい。



もう少しわかりやすく説明します。

市販されているウクレレ教本の中には、本のおまけとして模範演奏のCDが付属しているものや、 本の購入者だけが見られる演奏動画が用意されているものがあります。

そういったおまけつきの教本の中より、演奏動画が閲覧できるタイプの本を選んでください。



市販の教本のみを使ったウクレレの独学は、初心者にはかなり難易度が高いです。

その理由ですが楽器の演奏って、
本の説明や写真だけでは理解しづらい部分が少なくありません。

初心者の上達には、とにかくウクレレを繰り返し弾くことが欠かせませんが、 本を利用した独学だと練習以前に、まず本の内容を理解することに労力を費やさなくてはなりません。

そのやり方だと、人に教えてもらうのに比べてかなり時間がかかります。

時間がかかりすぎると、
ウクレレの練習がイヤになって挫折してしまう可能性も高くなります。

要は効率が悪すぎるわけです。



繰り返しとなりますが、もしあなたが市販の教本でウクレレを練習したいのであれば、本だけを利用するタイプではなく、 演奏動画などを併用できるタイプを選びましょう。

直接演奏を見られる教材であれば、
演奏のお手本を参考にしながらウクレレの練習を進めることができます。

本だけで練習するよりも圧倒的にわかりやすいですし、何より楽です。

楽であれば、
練習も長続きするでしょう。

ウクレレの独学に向く市販の教本は?おすすめを紹介!

市販のウクレレ教本の中より、ウクレレ初心者の独学におすすめだと思われる本を数冊ご紹介します。

みんなで歌おう! かんたんウクレレ教室 by ガズ

まずおすすめしたいのが、これ。

ウクレレで超有名なYouTuber
「ガズレレ」が提供する、「みんなで歌おう! かんたんウクレレ教室」という本。

みんなで歌おう! かんたんウクレレ教室 by ガズ (リットーミュージック・ムック)



ご存じの方も多いのではと思いますが、 ガズレレはもともとYouTubeでウクレレの知識やテクニックをレクチャーする超人気YouTuberで、 この教本はYoutubeで公開されている動画と連動しています。

ですので動画を見ながら曲を練習することが可能です。

ガズレレが初心者向けに弾いている曲は、多くが非常に簡単なコードや弾き方にアレンジされているため、 ウクレレが初めての方でも問題ありません。

あくまでも初心者向けであるため、本格的なテクニックの練習にはこの本は向きませんが、 ウクレレが初めてで何をすればよいのかすらわからないという方には、よい指南書になるはずです。

できる ゼロからはじめるウクレレ超入門

初心者にわかりやすいこと、また写真や説明のみやすさでおすすめなのが、「できる ゼロからはじめるウクレレ超入門」という教本。

日本一やさしく、親切な解説を目指したとある通り、ウクレレ初心者のはじめの1冊に相応しい内容のウクレレ教本です。

できる ゼロからはじめるウクレレ超入門 (はじめる前に観るDVD付) (できるシリーズ)



教本にプラスして、ウクレレの基本的な知識を学べるDVDが付属しています。

曲を練習する前に観るためのもので、ウクレレの構え方や弾き方、コードの知識など、 ウクレレを練習する前に知っておきたいひと通りのことについて、わかりやすく学ぶことができます。

とにかく、これでもかというくらいウクレレについてわかりやすく書かれているため、楽器を触ったことがないレベルの初心者でも取り組みやすいはずです。

曲自体は多くありませんが、ウクレレの入門書をお探しの方におすすめ。

これからはじめる!! ウクレレ入門 New Edition

ウクレレの基本をしっかりと学びたい、でも難しいことは苦手…なんて初心者におすすめなのが、 「これからはじめる!! ウクレレ入門 New Edition」です。

これからはじめる!! ウクレレ入門 New Edition ~これだけは知っておきたい すべてが見て・弾ける DVD付~ (~これだけは知っておきたい すべてが見て・弾ける DVD付~)



もともと、2009年に出版された本を
リニューアルしたもので、より初心者にわかりやすい内容へとパワーアップしました。

書籍の内容に連動したDVDが付属しているため、 DVD映像と本を見ながらウクレレの練習を進めることができます。

曲は多くありませんが、基本についてはかなりしっかりと触れられているため、 ウクレレのひと通りの基本についてきちんと学んでおきたいという方におすすめです。

初心者目線で書かれているため、完全な楽器初心者でも理解できるはずです。

とりあえず1冊をやり切ってみる

昔は今ほどウクレレが流行っていなかったためか、初心者向けの本といってもやや難しめの教本が多かったのですが、 近年はよりやさしい内容の教本が増えました。



なので、楽器経験がないレベルの初心者であっても、 選ぶ本さえ悪くなければ独学である程度までのテクニックは身に付けることができるはずです。

とりあえずは上記でご紹介している教本をはじめ、自分にあっていそうな初心者向け教本を購入し、 ひと通り練習をやり切ってみてください。



ただし初心者向けの本といっても、
ページの何割かは中級者向けの内容を載せた本も少なくありません。

そのような難しすぎてできないところは飛ばして構いませんので、 とにかく初心者向けのコンテンツや曲は完璧にやりきることです。

できるようになったら、少しずつ導入する本のレベルを上げていく…という感じで、 徐々にステップアップさせていくと、苦労せずにウクレレを上達させることができます。

選ぶ本によって、ウクレレへの取り組みやすさややる気が大きく変わる場合もあるので、 ある程度やって合わないなと思ったら、別の本に変えるというのもありです。



もし自分で本を選ぶのが難しいのであれば、 あらかじめ学ぶ内容が体系化された講座を利用するという手もあります。

例えば当サイトでご紹介している 「初心者向けウクレレ講座」 では、DVD映像と専用教材を利用してプロのウクレレ講師のレッスンを自宅で受けることができます。

楽譜が読めないレベルの初心者でも、すぐに弾けるような工夫が取り入れられているため、 完全な初心者でも大丈夫です。



市販の教本を使った独学は、
買った本があわなくて無駄になることがたびたびありますが、当講座ではそのようなことはありません。

レッスンを進めていくだけで、
確実にウクレレの基本~応用を身に付けることができます。

無駄なく効率的にウクレレを上達させたいと考える方には、おすすめの講座だといえます。

興味をお持ちの方は
ぜひチェックしてみてください。

詳細: 初心者向けウクレレ講座






サイト運営者



ウクレレを弾きたい。
そんな初心者に役立つかもしれない情報を発信しております。

役立たなかったらごめんなさい。
続きを見る


Copyright (C) 2017 弾こう!ウクレレ All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE