ウクレレを独学できる動画のおすすめは?高品質なレッスン動画を紹介! - 弾こう!ウクレレ

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ講座の特集やノウハウを掲載。

TOP PAGEウクレレ上達のアドバイス ⇒ 「ウクレレを独学できる動画のおすすめは?高品質なレッスン動画を紹介!」



初心者でも簡単に、すぐにウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレを独学できる動画のおすすめは?高品質なレッスン動画を紹介!



ウクレレは本だけ見て練習するよりも、実際に弾いている動画を見て練習したほうが、効率よく上達できます。

平面の写真や文章を読むよりも、
動画のほうが弾き方を理解しやすいからです。

実際、ネット上で公開されているウクレレ演奏動画を参考に練習されている方は、それなりにおられるのではないでしょうか?

無料で見られるものも多く、
活用しない手はありませんよね。



とはいえ、自身のウクレレの練習の役に立つかどうかは動画の内容によります。

ウクレレを上達させるために
動画を活用したいと考えるのなら、練習することを前提とした内容のウクレレ動画でなくては意味がありません。

そんなわけで今回は、ウクレレを独学されている方に役立つと思われる、クオリティの高い動画を何点かご紹介いたします。

無料!練習に活用できるウクレレ動画は?

ウクレレ初心者の練習に
活用しやすい内容の動画で、なおかつ無料で閲覧できる動画をご紹介します。

シリーズ化して公開されている方が多いため、独学でのウクレレ練習にも使用しやすいはずです。

ガズレレ

最近ではウクレレといえばこの人というくらい、世界レベルで有名な「ガズレレ」のウクレレ動画。



超初心者向けからある程度弾ける人向けまで、幅広い人に向けてウクレレ・レッスン動画を公開されており、 独学でウクレレを上達させたいという方に高い人気を博しています。

初心者向けの練習に関しては、コードを簡単なものにアレンジすることで弾けるようにした曲が沢山 紹介されているため、簡単なコードしか弾けない人でも楽しんで練習できるはずです。

あとご自身も実践されているらしい、
ウクレレを練習するときのちょっとしたコツなども披露されており、参考になると思います。

これから独学で練習しようと考えているウクレレ初心者の方は、必見のYouTubeチャンネルです。

Tomoki Suzuki「はじめてのウクレレ教室」

初心者のウクレレ独学におすすめしたいのが、Tomoki Suzuki(鈴木智貴)さんが提供する 「はじめてのウクレレ教室」というYouTubeチャンネル。

Tomoki Suzukiさん自身が日本・世界で活躍する若手のウクレレプレイヤーであり、 数多くのウクレレの国際大会やコンテントで受賞されているという、自他ともに認める実力の持ち主であります。



このチャンネルをおすすめする理由は、なんといっても初心者にわかりやすいから。

初心者はウクレレを弾く以前に、
ウクレレの持ち方やチューニングなど初歩的なことがわかりません。

そういった基本中の基本をはじめ、
初心者でも無理なく練習できるウクレレの弾き方を丁寧にレクチャーされています。

また演奏している手元の様子も見やすいです。

無料でここまでの動画を公開されているのは、
はっきりいってすごいと思います。

ウクレレ初心者の方は、
一度ご覧になってみてください。

jamsukulele(ウクレレ道場)

情報量の多さと丁寧さでおすすめしたいのが、jamsukuleleが提供するYouTube動画。



福岡でウクレレショップを運営するジャムズ・ウクレレが提供するチャンネルで、 初心者向けはもちろん、中~上級者まで幅広い層に向けてレッスン動画を提供しています。

理論的かつわかりやすい解説で、
何のために練習するのかというビジョンを持ったうえで練習に取り組むことができる点がメリットです。

ただしYouTubeで公開されている動画は今一つ整理しきれておらず、 初心者の場合だと「どの動画から見ればよいの?」迷ってしまうかもしれません。

公式サイトの情報も併せて目を通すようにすると、体系的にウクレレについての知識を学びやすいです。

公式サイト:ウクレレ道場




以上、ウクレレの独学におすすめの動画をご紹介させていただきました。

いずれも練習に活用しやすい
ものばかりですので、一度ご覧になってみて下さい。

なお、動画を使ったウクレレの独学にはメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあります。

以降では、そのメリット・デメリット
について簡単にご説明します。

動画を使ってウクレレを独学するメリット

ネット動画を使ってウクレレを独学するメリットについては、 以下のようなものがあげられます。
・お金がかからない
・本でやるよりも直感的で理解しやすい
まず一番にあげられるのは、お金がかからないということ。

最近では、有料級といってもおかしくないくらいの動画が無料で公開されていることも少なくはなく、 そのような動画を使って無料でウクレレを練習できるのはメリットが大きいです。



あともう一つのメリットとしては、
わかりやすいという点があげられます。

動画を使った楽器の練習は、聴覚・視覚的に弾き方を理解しやすいという特徴があります。

楽器の演奏は、平面の写真や
文字での説明だと理解するまでに時間がかかりますし、理解しきれないことも多いです。

ですが動画なら、映像を見るだけで
多くを理解できるため、ウクレレを練習するにあたって負担が小さいのですよね。

結果、練習が長続きします。

動画を使ってウクレレを練習するデメリット

ネット動画を使ったウクレレの
独学には、メリットだけでなくデメリットもあります。

例えば以下のようなものです。
・すべての情報を網羅しているとは言い難い
・動画を見る順番がわかりにくい
・楽譜がないことが多い
例えばウクレレ教室や講座を受講した場合、多くは基本~応用までのテクニックや、 知っておきたい知識などを体系的に学ぶことができます。

あらかじめレールが敷かれているため、 その通りに進みさえすれば確実にウクレレの知識やテクニックを身に付けられるんですよね。

ですが無料動画では、ウクレレの知識やテクニックを教えてくれてはいるものの、 全ての知識やテクニックを網羅しているかというと、そんなことはありません。

その動画だけで、ウクレレのすべてを学ぶのは難しいことがほとんどです。

なので別途教本を用意して学んだり、
基本的な知識やわからないことがあれば自分で調べる必要があります。



あと多くのチャンネルに言えることですが、動画を見る順番がわかりにくいことが多いです。

レッスン1、レッスン2…などといった具合に、タイトルに順番を記載している動画はまだ良いですが、 そうでない場合、どの動画から手を付ければよいのかがわかりません。

特に初心者の場合は何もわからない状態ですので、どの動画を見るべきかの判断がつきません。



加えてもう一つ、楽譜がない点も動画を使った練習のデメリットだといえます。

中には、動画内に楽譜を組み込んでいるユーチューバーさんもおられますが、 楽譜がない動画の場合、音や手の位置だけでどのように弾くかを判断し、練習しなくてはなりません。

これは初心者には難しいでしょう。

ウクレレの練習に動画を利用するコツ

無料動画を利用したウクレレの独学は、
教本だけを利用した独学よりもわかりやすく上達が早いです。

ですが先に挙げたようなデメリットもあるため、動画だけで独学…はちょっと難しいんですよね。

簡単に弾ければよいという方ならそれでよいかもしれませんが、 一からきちんとテクニックを身に付けたいというような方には、動画だけの練習は厳しいです。



なので、もしウクレレの練習に
動画を利用するのであれば、同時に市販の教本を利用して学ばれることをおすすめします。

そうしたほうが知識に偏りがなくなることと、やはり初心者は手元に楽譜があったほうが練習しやすいんですよね。

最近の教本の中には、本と連動した内容の動画をネットにアップしているような教本もありますので、 動画と教本を利用して効率よく独学したいのなら、そのような教本を選ぶというのも手です。



あと無料ではありませんが、当サイトでご紹介している 「初心者向けウクレレ講座」 も、レッスン動画と専用教本を使うタイプの教材です。
自宅で好きな時間にできるため、学習スタイルは独学に近い教材だといえるでしょう。

さすがに有料だけあって、ウクレレ教室並みに弾き方がわかりやすく作られていること、 またレッスンが体系的にまとめられているため、最初から順にこなしているだけで確実にウクレレの腕をあげることができます。

きちんと学びたいという方で、無料にこだわらないのであれば、このような講座を利用するのも一つの方法です。

興味がありましたら、
ご覧になってみてください。






サイト運営者



ウクレレを弾きたい。
そんな初心者に役立つかもしれない情報を発信しております。

役立たなかったらごめんなさい。
続きを見る


Copyright (C) 2017 弾こう!ウクレレ All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE