ウクレレの楽譜を超簡単にマスターする方法 - ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGEウクレレ上達のアドバイス ⇒ 「ウクレレの楽譜を超簡単にマスターする方法」



初心者でも簡単に、たった30日でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレの楽譜を超簡単にマスターする方法



初心者にはウクレレが良いと聞いてはじめてみたけれど、楽譜が苦手でなかなか練習が進まない。

そんな楽器初心者、
少なからずおられるのではないかと思います。

ウクレレの楽譜は、他の楽器の楽譜に比べると簡単で理解しやすいといわれますが、 それでも初心者には難しいです。

慣れるにはコツが要ります。
勉強の仕方によっては、かなり時間がかかってしまうことも。

今回は、そんなウクレレの楽譜を初心者が超簡単にマスターする方法について解説します。

ウクレレを弾きたい なら最初から楽譜の勉強にとらわれるのはNG

ウクレレを弾けるようになりたいから、楽譜を頭に入れようと熱心に勉強されている方、おられるのではないでしょうか。

ウクレレを弾くにはまず楽譜を読む必要があります。

ですので楽譜がきちんと読めないと、
いつまでたっても弾けるようにならないと考えるわけです。
ウクレレを弾く

まず楽譜を読む必要がある
これは間違いではありませんが、
楽譜の勉強って初心者には結構大変です。

ひょっとすると、ウクレレを弾くよりも大変かもしれません。



楽器初心者にとって、最も大変なのが楽譜の勉強です。

根気のある人であれば、
いつかは楽譜がスラスラ読めるようになりますが、ほとんどの人はそんなスムーズにはいきません。

楽譜の勉強が大変すぎるために、
楽器を弾くことをあきらめてしまう人も相当数おられます。

それくらい、大変なんです。



…なんてきくと、私には楽譜をマスターするのは難しそう… なんて思われる方もおられるかもしれませんが、心配はいりません。

確かにウクレレを弾きこなすためには、楽譜をマスターすることは避けられません。

ですが楽譜が読めなくても、
簡単な曲であればウクレレは弾けるようになります。

というかむしろ、
最初のうちは「楽譜を読むこと」にとらわれないほうが良いです。



その理由ですが、初心者が楽譜を勉強しようとなると、 意識が楽譜を読むことばかりにいってしまい、ウクレレ自体の練習がおろそかになってしまうからです。

実際、練習では楽譜ばかり読むことに集中してしまっていて、 あまりウクレレに触っていないという方、多いのではないでしょうか?

そうなると、いつまでたってもウクレレは上達しませんし、 上達する・しない以前に、ウクレレをやっていても面白くないと思います。

楽器は面白くなければ、
長続きはしません。

ウクレレを楽しく弾けるようになりたいなら、 また楽譜を楽にマスターしたいのなら、最初のうちは楽譜にとらわれるのはやめましょう

楽譜が読めないとウクレレは弾けないのでは…?という疑問

前項で、ウクレレを弾けるようになりたいのなら楽譜にとらわれるのはNGと述べました。

そこで出てくるのが、
「楽譜が読めないとウクレレは弾けないのでは…?」という疑問です。



ウクレレの曲を弾くためには、
その曲の弾き方について書かれた楽譜を読む必要があります。

となると、やはり楽譜の勉強は欠かせません。

楽譜にとらわれないなんて、
楽器を弾けるようになりたいのであれば難しいのでは?

と思ってしまうと思います。



確かにそうなのですが、
楽譜の勉強が必要かどうかは、どのような練習方法を採用するのかによります。

もしあなたが、市販のウクレレ教本を買ってきて自宅で独学しようというのなら、楽譜の勉強は避けられないでしょう。

ものすごく大変で、
苦痛の多い練習になると思います。



一方で、例えば「上手な人のウクレレ演奏のお手本をみながら、ウクレレの練習を行う」場合。

この場合も、一応参考として
楽譜は手元にあった方が良いのですが、ウクレレを弾くのに楽譜を読む必要はありません。

上手な人がやっている通りに、
ウクレレを弾く練習を繰り返すだけで弾けるようになります。

楽譜を一から読んでウクレレを弾く練習をするよりも、数倍は早く弾けるようになるでしょう。

また楽譜を読む大変さがないので、
楽しくウクレレの練習ができます。



初心者が挫折せず、
楽しくウクレレの練習を行いたいのなら、後者の練習を取り入れるべきです。

楽譜を読むことに関しても、
その練習の仕方のほうが確実に早くマスターできます。

そのような練習方法をどうやって取り入れるか?については、次項で詳しく解説します。

「ウクレレ演奏のお手本」をみながらウクレレを練習する方法とは

演奏のお手本を参考にしながら、
初心者がウクレレを練習する方法について。

例えば以下のようなやり方があります。

教室やオンライン講座によるレッスンを受ける

例えばウクレレ教室や、ウクレレのオンライン講座によるレッスンでは、 講師の方の演奏のお手本を見せてもらうことができます。

どのような練習方法を取り入れているかは教室にもよりますが、 大抵は
講師が弾くお手本を見せる

お手本をもとに生徒が弾く
を少しずつ繰り返すことで、
曲を練習していくことが多いです。

この練習の仕方だと、完全に楽譜を読むことができなくても、 ウクレレは弾けるようになります。

なかなか弾けなくても、
講師が弾けるようになるまでバックアップしてくれますから、不器用な人でも大丈夫です。

自分一人で楽譜を見ながらウクレレを独学していくよりも、 ハイスピードでウクレレを上達させることができるでしょう。

映像を使用したウクレレ講座を利用する

ウクレレ教室やオンライン講座は緊張してしまう、また費用がちょっと高すぎる。

そんな方におすすめしたいのが、
DVD映像を利用したウクレレ講座です。



私が人によくご紹介するのは、
古川先生というプロのウクレレ講師が監修する「初心者向けウクレレ講座」です。

このウクレレ講座では基本、DVD映像に収録したレッスン映像を利用して練習を行うため、講師と顔を合わせる必要はありません。

自分の好きな時、好きな場所でレッスンを行うことができます。




この講座の大きな魅力としてあげられるのが、 お手本を見ながらウクレレを弾くという練習方法に特化している点です。

「講師の演奏のお手本を参考に、ウクレレを練習する」ことを前提として教材が作られているため、 とにかく演奏のお手本が見やすいんです。
・見やすく収録された演奏のお手本
・楽譜がわからなくても弾き方が理解できる譜面
上記を取り入れた教材を利用して、
ウクレレの練習を進めていきます。

楽譜が読めなくてもウクレレが弾けるようになるため、楽器の練習につきものの大変さがありません。

講座の受講費用に関しても、
教室やオンライン講座でレッスンを受けるよりもかなり安く、多くの方に受講しやすいはずです。



費用やレッスン内容については以下で詳しくご紹介していますので、 ウクレレを効率的に上達させたい方は、一度目を通してみてください。

ウクレレが弾けるようになれば楽譜も簡単にマスターできるようになる

ようやく本題です。
長々とお読みくださった方、ありがとうございます。



ここまで、演奏のお手本を見ながらウクレレを練習する方法について触れてきましたが、 「この方法だといつまでたっても楽譜が読めないのでは?」と心配される方もおられると思います。

確かに、楽譜は読み方がわからない
と読めるようにはなりません。

なので楽譜が読めるようになりたいのなら、理解するための勉強や努力、慣れは必要です。



ただ、初心者がいきなり楽譜を勉強する必要はありません。

まずは先にご紹介した方法で、
ある程度までウクレレを上達させてください。



なぜ、楽譜よりも先にウクレレなのか?

その理由ですが、初心者にとっては「楽譜→ウクレレ」の順に練習を行うよりも、 まずはウクレレを簡単に弾けるようになってから、楽譜を勉強したほうが理解が格段に早いのですよね。

すでに弾ける曲だと、楽譜も簡単に読めるようになります。

初心者の頃は全く読めなかった楽譜が、
簡単に理解できることに驚くはずです。

なので楽譜をマスターしたいのなら、
まずはウクレレをある程度弾けるようになってください。

弾けるようになった段階で、楽譜を読む練習をするようにします。

それを繰り返しているうちに、
ほとんど苦労なく楽譜がマスターできるはずです。



楽譜が早く読めるようになれば、
「楽譜→ウクレレ」という練習も難なくできるようになるでしょう。

その段階まで行けば、
市販のウクレレ教本や楽譜を使用した独学も難しくありません。

まずは、何よりも先にウクレレを弾けるようになりましょう。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE