ウクレレ初心者の「超効率的」な練習方法について解説 - ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGEウクレレ上達のアドバイス ⇒ 「ウクレレ初心者の「超効率的」な練習方法について解説」



初心者でも簡単に、たった30日でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレ講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

ウクレレ初心者の「超効率的」な練習方法について解説



初心者向けの楽器だといわれることが多い、ウクレレ。

理由は、他の楽器に比べると
気軽にはじめられて上達も早いなど、ハードルが低いから。

ですが、いくら簡単とはいってもそうそう簡単に弾けるようになるわけではありません。

ウクレレを弾くためには、
それなりの練習が必要です。

同じやるのであれば、
できるだけ効率よく上達させたいですよね?

というわけで今回は、ウクレレ初心者にとって効率の良い練習方法についてわかりやすくお話ししたいと思います。

ウクレレにはどんな練習の仕方がある?

ウクレレの練習…と一口に言っても、
さまざまな練習方法があります。

まずはウクレレにどのような練習の仕方があるのかについて、簡単にご紹介します。

市販のウクレレ教本を使った独学

ウクレレを弾きたい。
そう考えて多くの方が思いつくのが、市販のウクレレ教本を使った練習。

いわゆる独学です。

教室などへ習いに行くのとは異なり、独学は「ウクレレ」と「教本」の費用だけで済むために低コストであること、 また自宅で好きな時にできるという手軽さもあります。

そういった気軽にできるというメリットより、まず独学でやってみようかなと考える初心者は少なくないのですが、 気軽にできるぶん挫折するリスクも高く、かけた費用が無駄になることも。



独学でウクレレが弾けるようになる人は、過去に弦楽器や何らかの楽器をマスターしたことがある人か、 もしくは意志が強く根気がある人です。

ウクレレがいくら簡単だとはいっても、独学で簡単にマスターできるほど容易であるわけではないため、 継続する自信がある人以外にはおすすめしません。

ウクレレ教室へ習いに行く

2番目に多いのが、ウクレレ教室へ習いに行くという選択。

独学でやろうと考える人がいる一方で、 独学では絶対にムリなのはわかっているから、きちんと教室で教えてもらおうという人も一定数います。

これは悪くない選択です。



教室通いは正直言ってお金がかかります。

年間で考えると10万円は軽く超えてくると思われますが、ウクレレのプロに直接教わることができるため、 きちんと通いさえすれば確実に上達することが期待できます。

独学のように、練習方法を自分で考える必要がないところも大きなメリットです。



ただし、ウクレレ教室と一口にいってもさまざまなタイプの教室があります。

きちんと体系立てたレッスン内容で基礎~応用までを教えてくれるところもあれば、 先生が好きなようにレッスンを進めていく教室もあります。

前者のようなウクレレ教室に当たればラッキーですが、 講師任せの教室の場合、講師の教え方が悪ければなかなか上達できません。

その場合、お金を捨てているのと同じことになる恐れもあります。



あと、ウクレレ教室のレッスンは多くがグループごとに練習するタイプであるため、 人づきあいが苦手な人には向かないといえるでしょう。

オンラインのウクレレ講座で練習する

教室通いが面倒であったり、
自宅の近所に教室がない場合。

そんな方に便利なのが、オンラインのウクレレ講座です。

主にはビデオチャットなどを利用して、
オンラインで講師の方とやり取りを行いながらウクレレのレッスンを進めていきます。
レッスンを予約する

指定時間にオンラインでレッスンを行う
直接教えてもらえるわけではありませんが、オンラインでやり取りができるため、 講師の方の演奏を直接見せていただいたり、リアルタイムで質問できる点が魅力です。

ビデオチャットができる環境があるのなら、
教室通いと同様に悪くない練習方法だと思います。

ただし、マンツーマンで教えてもらうタイプの講座は料金が高めです。

オンラインではないウクレレ講座で練習する

オンラインでやり取りするウクレレ講座がある一方で、 講師の方との直接のやり取りがないウクレレ講座もあります。

どういうこと?
って思いますよね。

講座によって異なりますが、
例えば以下のようなタイプがあります。
・紙の教材を使ってウクレレを練習する
・DVDに収録されたレッスン映像で、ウクレレを練習する
前者は言葉どおり、本などの紙の教材を使ってウクレレの練習を進めていくタイプの講座です。

体系的な内容でウクレレを練習できる点が魅力ですが、 個人的にはウクレレのような楽器を紙教材で練習していくのはおすすめできません。

独学と同様に練習が大変に感じられて、挫折しやすいです。



一方で後者のDVD映像を使った講座は、
あらかじめウクレレ講師によって収録されたレッスン映像を利用します。

教室でレッスンを受けるような感覚でウクレレを練習できるため、紙教材に比べると理解しやすいという点が魅力です。

教室やオンライン講座のように、講師の方と双方向のやり取りを行うことはできませんが、 レッスン時間が決められていないために忙しい人でも受講しやすいこと、 また何度でも繰り返し練習できるというメリットがあります。

費用も、教室やオンライン講座に比べるとかなり安いです。

初心者にとって効率的なウクレレの練習方法は?

ここまで、どのようなウクレレの練習方法があるのかについてご紹介してきましたが、 この中でも初心者におすすめしたいのは、
・ウクレレ教室
・オンラインのウクレレ講座
・DVDレッスン映像によるウクレレ講座
上記の3つです。

なぜこれらをおすすめするのか?
その理由ですが…



プロのウクレレ演奏のお手本を見ながら練習できるから。

これにつきます。
次項でより詳しく解説します。

ウクレレはお手本があると上達が早い

初心者がウクレレをできるだけ早く弾けるようになりたい。

そう考えるのなら、楽譜などを見ながら練習するのではなく、 演奏のお手本を見ながら練習を行ったほうが、確実に早く上達します。



例えば本を見ながらウクレレを練習する場合
・楽譜を読む
・ウクレレを弾く
・また楽譜を読む
を延々と繰り返さなくてはなりません。

この練習の仕方、ある程度楽譜を読むのに慣れた方にはどうってことありませんが、 楽器初心者の多くは楽譜を読むこと自体がままなりません。

なので、楽譜を読んでウクレレをちょろっと弾くだけで、ものすごく時間がかかってしまうんです。

全てがスローペースなので、
ある程度弾けるようになるまでには、気が遠くなるくらいの時間がかかることも珍しくありません。



しかしお手本があれば、
その弾き方を真似するだけでもウクレレが弾けますよね?

初心者にとっては人の弾き方を真似すること自体、楽なことではありませんが、 それでも楽譜を読んでウクレレを弾くよりは、はるかに楽です。

教室などへ通うと、
初心者でも比較的早く曲が弾けるようになるのは、先生が弾き方のお手本を見せてくれるからです。

楽譜がはやく読めない人でも、簡単な曲ならすぐに弾けるようになります。



ウクレレを効率的に早く上達させたいのなら、お手本がある練習方法を取り入れるようにしましょう。

お手本を真似するだけでウクレレが弾けるようになる講座とは

前項で、ウクレレは「お手本を用いた練習方法」を取り入れると上達が早いと述べました。

なのでウクレレを効率的に上達させたいのなら、講師の方が演奏のお手本を見せてくれるウクレレ教室や講座を選ぶべきだといえるでしょう。

ただ教室は近くにないと通えませんし、講座といってもさまざまなタイプがあるため、 一体どれを選べばよいのかがわからないという方もおられると思います。

そんな方に知っていただきたいのが、 ウクレレのプロである古川先生が教える初心者向けウクレレ講座です。
・映像でレッスンを行うためわかりやすい
・楽譜を読む必要がないので上達がはやい
・自宅で好きな時にできる
古川先生の講座では、主にDVDに収録されたレッスンを映像を用いて練習していきます。

このレッスンでは、
楽譜を読む必要はありません。

先生の「弾き方を真似する」ことを前提にレッスンが構成されているため、楽譜を読む必要がないのです。

先生の演奏や手指のお手本と、
見るだけで弾き方がわかる「特殊な譜面」を用いて、ウクレレを弾く練習をします。

とにかく、弾いて慣れろというわけです。



中には楽譜が読めないままだと困る…なんて方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。

ウクレレが弾けるようになれば、
楽譜もすんなり理解できるようになります。

楽譜→ウクレレよりも、ウクレレを弾けるようになってから楽譜を学んだほうが、楽で効率が良いのです。

古川先生の講座でも、ある程度ウクレレに慣れてくる中盤で、楽譜についてレクチャーするレッスンが設けられていますので、 レッスンをこなせば楽譜もきちんと読めるようになります。

楽譜がある程度スムーズに読めるようになれば、市販の楽譜を使っての独学もできるようになりますので、 よりいろんな曲に挑戦できるようなるはずです。



ウクレレの効率的な練習方法を探している。
そんな方にとって、
一見の価値あるウクレレ講座だといえるでしょう。

具体的なレッスン内容については、
以下よりご覧になってみてください。

初心者でも簡単に取り組めるということがわかると思います。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE