練習しているのにウクレレが上手くならない理由 - ウクレレ講座特集

初心者でも自宅で簡単にウクレレが弾けるようになる。そんなウクレレ通信講座の特集です。

TOP PAGE ⇒ 「練習しているのにウクレレが上手くならない理由」


初心者でも楽に短い期間でウクレレが弾けるようになる。
そんなウクレレの通信講座があります。

楽譜が読めない初心者でも、
自宅で簡単にウクレレがマスターできる。

その練習の秘密とは?
詳しくは以下をご覧ください。

練習しているのにウクレレが上手くならない理由



人並みに練習しているつもりなのに、
いつまでたってもウクレレが上手くならない。

そんな方、少なくありません。



実際に私の知人にもいました。

ウクレレなら初心者でも簡単にできる…といわれてはじめたはいいけれど、 楽譜など覚えることがたくさんあって全然簡単ではないし、指が動かなくて思うように弾けないし、もうやめたい。

なんて具合に悩まれている方。



確かに、ウクレレは初心者でもとっつきやすい楽器です。

他の楽器よりは扱いやすく、
また弾きやすく、さらには大型の楽器のようにお金もかかりません。

初心者でも比較的短期で弾けるというところで、最近大人の方に人気があるのですよね。

で、やってみたけれど、思うようにできない。
練習が辛いので、やめようかな…となるわけです。



いくらウクレレが簡単とはいっても、これまで楽器を全くしてこなかった初心者にしてみると、簡単ではありません。

覚えることはたくさんありますし、
指を動かす練習もしなくてはなりません。

他の楽器よりは簡単というだけであって、大した練習もせずに弾けるようになるというわけではないのです。



とはいえ、きちんと練習を続けていれば、
初心者でも短期で弾けるようになります。

きちんと練習をしているつもりなのに、
いつまでたっても上手くならない…という方。

そういう方は、ひょっとすると練習の仕方が悪いのかもしれません。

自己流のやり方で練習していませんか?

練習しているのにウクレレが上手くならない。

そんな初心者にどうやって練習しているのかを聞いてみると、 大体は市販の教則本で練習しているとか、そういった返事が返ってきます。

いわゆる独学です。

市販の本だとそれほどお金がかかりませんし、思い立ったらすぐにできるということで、 ウクレレを独学で始められる方、かなり多いのですよね。



独学でも、上達する人はあっという間に上達します。

なので独学という練習方法が悪いわけではありませんが、 独学でウクレレをはじめて短期間で上達する人って、多くが楽器経験ありの方です。

ウクレレ自体は初心者かもしれませんが、
音楽の知識はそれなりにあります。

楽器の練習の仕方も知っているために飲み込みが早く、
コツさえつかめばあっというまにうまくなります。

音楽の知識ゼロの初心者とは、スタート地点が違うというわけです。



「ウクレレは独学でも上手くなる」というセリフをネットなどでよく見かけますが、 これは信じないほうが良いです。

そう言っている方の多くが、
過去に楽器経験ありだったりするからです。

楽器経験ありの人と、楽器初心者とでは音楽スキルや知識の量が全然違いますので、 「独学でも上手くなる」なんて信じてはいけません。



初心者が独学でウクレレを練習した場合、 かなりの割合で挫折してしまいます。

全員が全員、上手くならないわけではありませんが、
自己流の独学では難しいです。

自己流だと練習自体が非常に効率の悪いモノになるため、 ウクレレの練習自体を続けることが大変です。

練習が大変な割には上手くならないため、
やっていて苦痛を感じるはずです。

結局、上手く弾けるようになる前にやめてしまいます。



もしあなたが、きちんと練習しているのに
なかなかウクレレが上手くならなくて、練習が苦痛になってきているという場合。

その場合は、練習の仕方を見直した方が良いでしょう。

ウクレレが上手くなる練習方法とは?

初心者がウクレレを確実に上達させたいのなら、
練習の仕方には工夫が必要です。

練習の仕方が悪いと、多くの初心者は練習がイヤになり挫折してしまう可能性が高くなります。

逆に練習の仕方を工夫すれば、
短期間でウクレレを上達させることも可能です。

以下をご覧ください。

無難なのはウクレレ教室通い

誰しもが思いつく練習方法としてあげられるのは、 ウクレレ教室へ通うこと。

初心者には一番無難な練習方法だと思います。

実際、最初は独学でウクレレを練習していたけれど、どうしてもできないという理由より、 ウクレレ教室を検討される方は少なくありません。

教室では先生が基礎から教えてくれるため、
きちんと続けさえすれば確実にウクレレが上手くなります。



デメリットは通えば通っただけお金がかかる点と、
レッスンの日時にスケジュールを合わせなくてはならないという点。

あと、上達までにはやや時間がかかるという点です。

お金と時間がかかってもよいのなら、
教室通いは初心者のウクレレ練習法としては悪くありません。

忙しい人にはウクレレ通信講座

教室へ通うだけの時間が取れない方や、
できるだけ低コストでウクレレをマスターしたい方。

そんな初心者には、ウクレレ通信講座を利用するという手があります。

ウクレレ教室は1年も通えば10万円以上のコストがかかりますが、 通信講座であればそこまでの費用はかかりませんし、自宅でできるという点が魅力です。

何より、レッスンで学べる内容が体系的に整えられているため、 積極的に練習に取り組めば短期間でウクレレが弾けるようになります。



私がまわりにおすすめすることが多いのは、
古川先生というプロのウクレレ講師が教える 「初心者向けのウクレレ講座」です。

レッスンにDVD映像を利用しているため、
教室で教えてもらうような感覚でウクレレを練習することができます。

また楽譜が読めなくてもOKな練習方法を採用しているため、初心者でも練習に嫌気がさしにくいというメリットも。

講座をひととおり終えることで、
ウクレレ教室に1~2年以上通うのと同じくらいのテクニックを身に付けられる点も魅力です。



なかには、自宅で一人で続けられるか?
という心配がある方もおられるかもしれません。

しかし心配は不要です。

このウクレレ講座では、難しい・面倒だと感じるレッスンを極力なくし、 最初からウクレレを積極的に弾いていく練習方法を採用しているため、練習自体を楽しめるはず。

つまづきがないので、練習がイヤにならず長続きします。

真面目に練習を続ければ、
1か月程度である程度ウクレレが弾けるくらいにはなるでしょう。

曲が弾けるようになれば、練習が面白くてたまらなくなるはずです。

ウクレレが上手くならない。
そんな初心者にこそ、
試していただきたい講座だといえます。

自己流で効率の悪い練習を続けるよりも、 まずはこういった講座で応用レベルまでウクレレ腕を上げてから、独学で練習されることをおすすめします。



具体的なレッスン内容や価格については、以下で確認可能です。

お値段は当然市販の教本よりは高いですが、
内容を考えれば価格以上の価値があると思いますよ。






Copyright (C) 2017 ウクレレ講座特集 All Rights Reserved. (サイトについて
TOP
PAGE